資料請求はこちら

トップ > 短期大学紹介 >沿革・組織図

短期大学紹介

沿革・組織図

本学の沿革

高知短期大学は、昭和26年に高知女子大学で開催された公開講座を契機として、昭和28年に設立されました。  

全国でもまれな夜間課程のみの社会科学系短期大学において「勤労者教育」と「地域に根ざした大学」という建学の精神は、現在まで受け継がれています。

昭和27年 6月24日  県議会において設置に関する請願採択
12月17日  県議会において高知短期大学設置議案可決
昭和28年 1月31日  文部大臣設置認可(社会科学科第2部入学定員60人)
4月27日  開学及び第1回生入学式挙行
昭和31年 4月 1日  教職課程を開設(教育職員免許法の規定により、中学校の社会科教諭免許状〔2種〕の資格を認定)
昭和34年12月 7日  学長代理の職を置く。初代学長代理 高橋信司就任
昭和40年 4月 1日  入学定員を120人に改定
昭和44年11月30日  新学舎落成
昭和49年 1月16日  身体障害者の入学試験受験を認める
昭和49年 4月 2日  女子大、短大学長選考規程初の学長として安中正哉就任
昭和50年 4月 1日  1回生のための教養ゼミを開始
昭和55年 4月 2日  第2代学長 岡崎正一就任
昭和55年10月20日  南学舎、学生会館落成
昭和56年 7月  中村市主催「高知短期大学公開講座」の開催
昭和58年 7月  本山町主催「高知短期大学公開講座」の開催
昭和59年 4月 2日  第3代学長 木原正雄就任
昭和61年 1月19日  定時制高校を対象とする推薦入学試験制度の採用
昭和62年 1月18日  通信制高校を対象とする推薦入学試験制度の採用
12月13日  社会人を対象とする特別入学試験制度の採用
昭和63年10月 3日  改築図書館開館
平成 元年 2月23日  エレベーター設置工事完了
平成 2年 4月 2日  第4代学長 池川順子就任
平成 5年 4月 1日  土曜日休業日制の実施
平成 7年 1月15日  全日制課程の職業学科を対象とする推薦入学試験制度の採用
4月 1日  聴講生制度を廃止し、科目等履修生制度を新設
9月  田野町主催「高知短期大学公開講座」の開催
平成 8年 4月 2日  第5代学長 成田十次郎就任
平成10年 4月 1日  教職課程を廃止するとともに、専攻科を新設
平成11年 6月  鏡村主催「高知短期大学公開講座」の開催
平成12年 4月 1日  2回生のための専門ゼミを開始
平成13年 4月 1日  高知女子大学との単位互換を開始
平成13年12月16日  普通科高校を対象とする推薦入学試験制度の採用
平成14年 4月 1日  高知女子大学・高知短期大学総合情報センターを開設
平成15年 1月22日  第6代学長 吉野公喜就任
平成15年 4月 1日  第7代学長 青山英康就任
平成15年12月 1日  長期履修学生制度を新設
平成19年 4月 1日  第8代学長 山根洋右就任
平成23年 3月22日  文部科学大臣設置者変更認可(高知県から高知県公立大学法人への変更)
平成23年 4月 1日  大学の設置者を高知県公立大学法人に変更、初代理事長 南裕子就任
第9代学長 南裕子就任
地域連携センターを開設
平成25年 3月 27日  県議会において廃止(発展的解消)が決定
平成26年 4月  6日  高知短期大学として最後の入学式(平成27年度から学生募集停止)
平成29年 4月  1日  第10代学長 野嶋佐由美就任

ページの先頭へ

組織図

組織図

ページの先頭へ