資料請求はこちら

トップ > 地域連携センター

地域連携センター

高知短期大学地域連携センター

(Center for Community Cooperation and Research at KOCHI JUNIOR COLLEGE;CCCR)
――世界を視野に入れた研究を地域へそして、高知から世界へ発信する――

Ⅰ 地域連携センターの設置目的

高知短期大学は、設置以来、教育と研究を本来的使命とし、それらを通じて、地域貢献・社会貢献を行ってきました。しかし、公立大学には、より直接的な地域貢献・社会貢献が求められています。
そのため、高知短期大学では、これまでも地域貢献委員会が中心となって、公開講座や「高知学」の開催、自治体との連携事業等を行ってきました。
こうした地域連携・地域貢献活動を、いっそう充実するため、2011年4月に、地域貢献委員会を改組して、新たに「高知短期大学地域連携センター」を設立しました。
地域連携センターでは、地域のニーズを把握し、それに応えるための知的資源を増進させ、これまで高知短期大学の教職員や各組織が行ってきた地域連携・地域貢献活動を、いっそう充実させていきます。

ページの先頭へ

Ⅱ 事業概要

高知短期大学では、以下のような地域連携・地域貢献活動を実施しています。地域連携センターは、そうした活動の総合窓口でもあります。
本学には、経済・経営・法律・政治などの社会科学を専門に研究する優秀な専任教員がいます。
以下に掲げる活動以外でも、こうした専任教員の知的資源を活用したい等のご要望や、本学の地域連携・地域貢献に関するご提案等がございましたら、地域連携センターまでご連絡ください。

 *講師料その他の費用負担などの詳細については、地域連携センターにお問い合わせください。

1. 自治体との連携

これまでも、本学では、自治体主催の公開講座に本学教員が出張講演をしてきました。これからは、従来の活動を発展させ、より積極的に連携を推進していきたいと考えています。
出張講演以外の活動についても、本学の専任教員の知的資源を活用したい等のご要望がございましたら、お気軽に地域連携センターまでご連絡ください。

2. 企業や経営者団体、NPO法人などとの連携

本学では、企業や経営者団体、NPO法人などとも、積極的に連携を推進していきます。具体的には、研修や福利厚生の一環として、本学の専任教員による講演会を開催したり、受託研究・共同研究などが考えられます。そのほかにも、本学の専任教員の知的資源を活用するアイデアやご要望がございましたら、お気軽に地域連携センターまでご連絡ください。

3. 高等学校等との連携

高校生の社会科学(経済・経営・法律・政治など)への知的探究心に応え、また、大学での講義とはどのようなものかを感じてもらい、社会科学とはどのような学問なのかを知ってもらうことで、進路選択に役立ててもらうため、高等学校との連携を推進していきます。具体的には、模擬授業などを行います。
また、小学生や中学生向けに、「分かりやすい国際経済」といった講義を行うなど、高等学校以外の各種教育機関とも連携を進めていきます。
ご要望がございましたら、お気軽に地域連携センターまでご連絡ください。

4. 他大学との連携

現在、高知短期大学では、高知県立大学と単位互換制度を設けるなどしています。もし、本学と単位互換を行いたい、あるいは、学術交流や学生交流などを行いたいなどのご要望がございましたら、地域連携センターまでご連絡ください。

ページの先頭へ

5. 出張講義・出張講演

本学の専任教員が、出張講義・出張講演を行います。
各教員の専門分野・研究テーマは以下の通りです。なお、具体的な講義テーマや内容は、ご要望を踏まえて、ご相談の上で決めさせていただきます。
また、メディア関係のみなさまには、各教員のコメント可能なテーマも、併せてご参照ください。

教員名
(職位)
学位 研究分野 講義テーマ例 コメント
可能テーマ
細居俊明
(教授)
経済学修士 国際経済 ・グローバリゼーションはどこまできたか
・リーマンショックの前と後、世界経済は変わったか
・国際通貨ドルの過去・現在・未来
・TPP(環太平洋連携協定)は何をもたらすか
・東アジア共同体は可能か
・グローバル化と地域経済
・国際競争力とは何か
・世界貿易機関(WTO)、FTA(自由貿易協定)、EPA(包括的経済連携協定)、TPP(環太平洋連携協定)など、貿易協定をめぐる問題
・国際的不均衡問題と国際通貨ドル
・東アジア共同体と東アジア金融協力
・地域際収支と地産地消
大井方子
(教授)
修士
(経済学)
労働経済学・計量経済学 ・若年者雇用 ・若年者雇用
清水直樹
(准教授)
博士
(政策科学)
政治学 ・選挙と政策
・政治制度と政策
・日本の政策過程
・日本の政治、選挙
根岸忠
(准教授)
修士
(法学)
労働法・社会保障法 ・訪問介護労働者の労働条件
・企業年金の減額廃止
・訪問介護労働者の労働条件
・企業年金の減額廃止
・労災
菊池直人
(准教授)
修士
(法学)
商法 ・生命保険契約における理論と実務
・海上運送契約について
・保険一般
・海上危険など
田中康代
(講師)
修士
(法学)
刑事法・国際人権法・触法精神障害者の処遇 ・国際人権法と日本の刑事司法の関わり
・触法精神障害者をどう処遇すべきか
・個人的法益に関する刑法一般
梶原太一
(講師)
博士
(商学)
会計学・企業の分析と評価 ・株式投資と企業価値評価の役割
・簿記の歴史と商人道の精神
・粉飾決算と公認会計士
・企業不祥事、会計操作
・財務指標の計算と活用
・企業価値の算定手法
・会計基準の新設と改正
・投資家の行動原理

ページの先頭へ

6. 公開講座

1951年とその翌年に、高知女子大学で、勤労者の勉学への強い要望によって、公開講座が開催されました。しかし、そうした勤労者の勉学への強い思いは、公開講座だけでは満たされるものではなく、勤労者のための夜間大学設置が要望されるようになりました。
こうした経緯のもと、高知短期大学は、そのときの受講生の皆さんが中心となって出された「県立短期夜間大学設置に関する嘆願書」に基づいて、1953年に設立されました。そのため、現在でも、地域社会との交流をめざした「公開講座」重視の伝統を受け継いでいます。
本学では、毎年春・秋の公開講座を開催するとともに、正規科目「高知学」や「消費生活論」を公開講義として開講しています(ただし、公開講義とすることが難しいフィールドワーク等の部分は除きます)。
それ以外にも、特別公開講座を開催しています。

7. その他

上記以外にも、高知短期大学では、地域のニーズに応えて、共同研究や受託研究など、積極的に地域連携・地域貢献活動を行っていきます。本学の地域連携・地域貢献に関するご提案等がございましたら、お気軽に、地域連携センターまでご連絡ください。

高知短期大学のこれまでの地域連携活動

高知学

公開講座・公開講義

地域との協働活動

ページの先頭へ