ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域連携 > 公開講座 > 地域教育研究センター > 高知県立大学創基70周年記念事業特別講演会「源氏物語と仏教~末法の世の前後と和文における仏教語の表記~」を開催します

高知県立大学創基70周年記念事業特別講演会「源氏物語と仏教~末法の世の前後と和文における仏教語の表記~」を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月26日更新

 高知県立大学は1945年に高知県立女子医学専門学校として産声を上げ、以来70年間、地域に根ざした大学「県民大学」として歩みを続けてきました。また平成27年度からは「域学共生-大学が地域を変える、地域が大学を変える」という新しい理念のもとに、学生と教員が地域のみなさまと協働して地域での学びを充実させる取り組みを行っています。
 このたび地域教育研究センターでは、高知県立大学創基70周年記念事業の一環として、古典文学の最高峰である『源氏物語』の特別講演会を企画いたしました。『源氏物語』の研究において仏教の観点からの研究の第一人者である、東京大学名誉教授・大正大学特命教授の三角洋一先生をお招きし、先生のご専門、最新の研究成果などをご講演いただきます。
 三角先生は東京大学で学問を修められた後、高知大学で勤めていらっしゃったこともあり、高知県とも縁(ゆかり)が深い方でいらっしゃいます。この機会に、ぜひご来場ください。

記念事業
こちらからダウンロードできます (PDFファイル:334KB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)