ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

センター長あいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月30日更新

地域教育研究センター長清原泰治

 

地域教育研究センターは志ある地域が元気になるお手伝いをしています

 「何であと10年早う来てくれんかった?」中山間地域でよく聞く言葉です。「いまさら、もういかんちや」が続きます。
 本当に、もういかんのでしょうか?学生たちと集落を歩くと、道の両側に「宝物」がたくさんあるのに気づきます。すごい「モノ」であったり、「コト」であったり…。何でも自分たちでやってしまう、すごい「ヒト」にも出会います。発見するたびに、「まだまだなんとかなるのではないか」と希望を語る私たちです。よそ者にしかわからない価値が、地域には沈潜しています。
 そういう価値を地域の皆さまと共有し、大学の持つ資源(リソース)とマッチングさせながら教育プログラムに組み込み、あるいは研究して、地域が元気になるお手伝いをするのが、地域教育研究センターです。
 人はチカラです。地域のチカラ、大学のチカラ、行政のチカラ、企業のチカラ、マスコミのチカラ…、集まれば集まるほどチカラは大きくなります。チカラを集めるのは、志です。集まらずに落ちる「集落」から、集まって楽しい「集楽」へ。地域教育研究センターは、地域の皆さまと共に、地域の大きなチカラになることを目指します。
 「地域×大学=域学」。たし算ではなく、かけ算です。

地域教育研究センター長 清原 泰治