ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > コミュティサービスラーニングサポートデスク

コミュニティサービスラーニングサポートデスク

ごあいさつ

 高知県立大学は、「域学共生」の理念のもとに、地域連携事業を展開しています。「域学共生」とは地「域」と大「学」が「共」に「生」きていくという意味です。「課題先進県」と言われる高知県で、地域のみなさまと大学が力を合わせ、地域の再生と活性化を目指しています。

 本学では、平成27年度入学生から「地域学概論」「地域学実習Ⅰ」「地域学実習Ⅱ」の3科目を必修化しました。(※文化学部総合文化系を除く) 学生たちは、地域の現状を知り、地域で活動されているみなさまの想いと取り組み方を学び、主体的に地域課題の解決に取り組むことができる基礎的な能力を身につけています。

 「学生たちに、地域での学びの機会をもっと提供したい。」

 このような考え方のもとに、地域教育研究センターでは、学生たちのボランティア活動を支援するための窓口、「コミュニティサービスラーニングサポートデスク(通称:CSLサポートデスク)」を設置しました。大学で身につけた専門的な知識や技術などを活かして、学生たちが「域学共生」に参画することを期待しています。

 学生たちに多くの学びの機会をご提供くださいますよう、よろしくお願いいたします。

高知県立大学地域教育研究センター長 清原 泰治
 

お問い合わせ

高知県立大学地域教育研究センターCSLサポートデスク

〒780-8515 高知市永国寺町2番22号永国寺キャンパス地域連携棟3階
Tel:088-821-7125  Fax:088-821-7126  Mail:csldesk@cc.u-kochi.ac.jp