ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【New】修了者の声 

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日更新

平成29年度前期修了者≪全域枠≫:国民健康保険仁淀病院 下元 智香さん NEW

 下元智香さん以前から訪問看護には興味があったものの、病院勤務の経験しかない私は、一歩が踏み出せずにいました。そんな時に本研修を知り、迷わず志願しました。

 講義では、様々な専門分野の先生からの貴重な話を聞くことができ、とても良い刺激を受けた3ヶ月間でした。またグループワークや演習、ロールプレイでは、実際に在宅看護に従事している受講生の方から話を聞くことができ、同じ看護師でありながらも、全く視点の違う所に驚きの日々でした。講義の中で、専任教員の先生がおっしゃった『命が最優先ではない。その人らしさが重要。』という言葉に、在宅で看取るということの意味を学んだ気がしました。患者さんはもちろん、ご家族の方にとっても、退院してからの人生の方がずっと長く厳しいのです。それでも住み慣れた家で過ごしたい、過ごさせてあげたいと思う方たちの為に、これからはこの研修で学んだことを活かし、退院後を見据えた看護を提供できればと思います。 

 研修参加をサポートして頂いた職場の皆さん、お世話になった先生方や受講生の皆さん、本当にありがとうございました。

平成29年度前期修了者≪全域枠≫:いずみの病院 坂本 貴子さん NEW

坂本貴子さん 訪問看護師を目指し始めて1年が経過します。その間、病棟で勤務をしながらテキストでの勉強を行いましたが、まるで異世界のことのように全く理解ができませんでした。こんなことでは私は訪問看護師になれない・・・。そんな時、当院での訪問看護開設に向けて、この研修に参加させていただくことになりました。私の徒労に終わった1年間の自己学習の穴埋めをして欲しい!大きな期待を持って研修に臨んだことを覚えています。

 研修では、高知県の現状や行政の取り組み、その人らしさを大事にする看護とは等、各専門分野の先生方から講義を受けると共に、グループワークでは訪問看護の現状を教えていただくこともできました。今では研修での学びを活かせるように「早く訪問看護をしたい」と思えるようになりました。ご指導くださいました先生方、一緒に勉強をしてくれた受講生の皆、本当にお世話になりました。「これからもつながっていくんだよ」と言ってくれた仲間の言葉が心の励みになっています。 

平成29年度前期修了者≪全域枠≫:高知西病院 福永 りかさん NEW

福永りかさん 私は、22年間病棟で勤務し、昨年より訪問看護室へ部署異動となりました。病院と地域、医療保険と介護保険の狭間や兼ね合いに関して混沌とした思いがあり、職場の理解と協力のもと、本研修で学ばせて頂くこととなりました。国をあげて地域包括ケアが推進され、医療が変遷していく中、訪問看護に対する期待は高く、責任の重さを日々感じます。開講にあたり諸先輩方より、「訪問看護は時代のトップランナー、将来のロールモデル、理論と実践、個別性と普遍性の統合、ネットワーク作りや多様性を楽しんで下さい、混乱は新生への通り道です」とのエールを頂きました。 

 研修では、我々全域枠8名、中山間枠1名、新卒枠6名、合計15名で、共に24回の講義(グループワーク・演習)を受けさせて頂きました。講師の方々は、非常に熱く優しく、最新の動向や内容を織り交ぜながら御指導下さりました。事例検討ではたくさんの模擬症例を提示して頂き、講師の方々の経験の豊かさを感じました。職歴や年齢の違いを超えて、お互いの持つ経験・感性を共有しあうグループワークでは、新鮮さや意外性など感慨深い発見が得られ、また先生方のファシリテーションにより段階的な思考を行うことができました。演習では、豊かな教材(物品・機器・シミュレーター)、臨場感あふれるシナリオと演出で手厚く御指導頂き、講義内容が心に強くインプットされました。

 この研修で学ばせて頂いたことにより、利用者の地域での暮らしに寄り添い、お役に立っていくという自分の立ち位置が、ぶれないものとして明確になったように感じます。とにかく、家での生活を支えるんだ、という精神を講師の方々から学ぶことができました。この貴重な学びを私の中にだけ留めるのではなく、周囲への波及に努めていきながら、日々の訪問看護を行っていきたいと思っています。本研修で知り合えた先生方や仲間との出会いに感謝しつつ、地域での交流を今後も続けていけることを楽しみにしています。

平成28年度修了者の声

平成28年度修了者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

平成27年度修了者の声

平成27年度修了者の声をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)