• HOME
  • 高知県立大学の取組み
  • 中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラムに参加する多職種専門医療人を目指す学生による合同演習 報告書

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム 第8回チーム医療合同演習に参加しました

第8回チーム医療合同演習が平成28年8月26日(金)・27日(土)に岡山大学鹿田キャンパス Jホール、アークホテル岡山で開催されました。第8回のテーマは「Oncology emergency」であり、38名のがんプロ大学院生(医師31名、看護師5名、薬剤師1名、放射線技師1名)とファシリテーター17名、そして、今年もミャンマーから医師1名が参加しました。高知県立大学大学院からは、2回生の野瀬智代さん、由藤知里さんが参加しました。
チーム医療の中でOncology emergencyに対応していくために、講演では「Oncology emergencyへの対応:症例を通じて」について聞き、ワークショップ①では上大静脈症候群の事例について、ワークショップ②では低Ca血症の事例について、多職種グループで討議・発表を行いました。がんプロ学生は、講義を通して、Oncology emergencyに関する知識や支援の実際について理解を深め実践につなげて考えることができました。ワークショップにおいては、各職種が専門的知識を統合しながら討議を深めることで、多角的に事例を検討することができました。また、それぞれの職種の役割や考え方を学ぶことができ、チーム医療の中でOncology emergencyに対応していくために看護師の役割を改めて確認することができ、有意義な演習となりました。2日間の演習は、参加したがんプロ大学院生との交流を深める機会にもなりました。
  • 講演の様子
  • 【講演の様子】
  • ワークショップの様子
  • 【ワークショップの様子】

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム第8回チーム医療合同演習プログラム

1日目 平成28年8月26日(金) 18:05~19:05
<講演会>
演 題:「Oncology emergencyへの対応:症例を通じて」
講 師:公益財団法人がん研究会有明病院
     化学療法部 総合腫瘍科 髙橋 俊二 先生 

■2日目 平成28年8月27日(土)8:45~12:15
<ワークショップ>
ワークショップⅠ Oncology emergency ①上大静脈症候群の事例(90分)
ワークショップⅡ Oncology emergency ②低Ca血症の事例(90分)
  • 参加者の集合写真
  • 【講演の様子】
▲ページのトップへ