小型の元素周期表

 実験室で試薬溶液の調製をするときなどには,化学薬品の式量計算をさっと行うために,電卓と元素周期表は手放せないものです。私が実験室で使っている小型関数電卓のカバーのポケットには,PhilipsのX線分析装置の宣伝用として作られたプラスチックス製の元素周期表が入っています。原子量を見るだけなら,これで十分です。

 1990年代半ばのあるとき,大学のオープンキャンパスで化学研究室を見学に来た高校生に配布する気の利いた「お土産」はないかと考えていました。そのときに,電卓のポケットに入れられる周期表があると便利(高校生にとって便利かどうかについては若干の疑問もあるが)と思って,試しにMicrosoft Excelで周期表を作り,インクジェットプリンタでOHPシートに印刷してみました。これが,思いのほか見栄えが良く,化学研究室の卒研生にも好評だったので,量産して「お土産」として配布することにしました。また,私が担当する化学関係の授業の受講生にも配付することにしました。以来ずっと,化学研究室来訪者への「お土産」,学生用教材として利用し,新元素の追加などの改訂を行いながら,現在に至っています。

 原紙(Excel形式ファイル)を提供しますので,自由に編集してご利用ください。

高知県立大学 化学研究室製 元素周期表(Microsoft Excel形式ファイル)
MacOS用(フォントとしてHelveticaとPalatinoを使用)
Windows用(フォントとしてArialとTimes New Romanを使用)

【利用上の注意など】

【印刷見本】

picture of periodic table

【改訂履歴】

【参考情報】さまざまな周期表

 よくもまあこんなにいろいろな周期表が考えられたものだと感心しますが,これだけの数の周期表を収集したという執念にはさらに感心させられます。一見して,どういう意図で作られたのかがわからないもの,そもそもどんな構造なのかがわからないものの多数あります。周期表読解力テストに使えるものが多数ありそうです。
(C)ISSHIKI Kenji