ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国際交流センター > 国際交流トピックス > 国際交流トピックス > ヴェネツィア カ・フォスカリ大学(イタリアヴェネツィア市)への短期派遣研修を実施しました

ヴェネツィア カ・フォスカリ大学(イタリアヴェネツィア市)への短期派遣研修を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

2019年度イタリア、ヴェネツィア カ・フォスカリ大学短期派遣研修を実施しました

9月17日(火曜日)から9月25日(水曜日)までの9日間、本学との国際交流締結機関であるヴェネツィア カ・フォスカリ大学(イタリアヴェネツィア市)への短期研修を実施し、7名(学生6名、引率教員1名)を派遣しました。

このプログラムは異文化理解を図ることを目的としたものです。イタリア北部に位置するヴェネツィアやヴェローナといった町のまちづくりや史跡の見学も挟みながら、主としてカ・フォスカリ大学日本語学科との学生交流活動に焦点を充てた内容構成としました。6名の本学学生は日本語自由会話やひらがな指導の授業でサポートに入らせていただき、日本語を学んでいるカ・フォスカリ大学の学生と期待以上の交流を図ることができました。

また、本学学生による高知についてのプレゼンテーションでは、高知の歴史や食文化の紹介に加え、よさこい鳴子踊りをカ・フォスカリ大学の学生に指導し、一緒に踊るなど、楽しい授業となりました。

この研修では、本年4月から3ヶ月間、本学開講の「国際日本学プログラム」を受講したカ・フォスカリ大学の学生が、施設訪問やヴェローナへのフィールドトリップの際に、日本語通訳のサポートをしてくれるなど、本学での学習の成果を実感する機会にも恵まれました。

 

 

2019italia1 

日本語学科の授業でのプレゼンの様子

2019italia2

日本語学科での日本語自由会話

2019italia3

「国際日本学プログラム」参加学生の通訳による学内ツアー

2019italia4