ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 国際交流センター > 国際交流トピックス > 国際交流トピックス > 第71回日米学生会議高知サイトフォーラムに本学学生が参加しました

第71回日米学生会議高知サイトフォーラムに本学学生が参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月16日更新

第71回日米学生会議に本学学生が参加しました

8月9日(金曜日)、第71回日米学生会議高知サイトフォーラムが高知市文化プラザかるぽーとで開催され、本学の学生5名が参加しました。

日米学生会議は、1934年に設立された国際学生交流団体です。日米の学生が夏の約1ヶ月間共同生活を送りながら、様々な問題について議論を重ねながら相互理解を深める活動を行っています。

「学生が紡ぐ日米平和~対話と衝突から己を拓け~」をテーマに掲げた本年度は、高知県からスタートし、京都府、岐阜県、東京都の4地域で開催されました。

高知でのサイトフォーラムでは、「高知の今、そして未来を語ろう」のテーマの下、52名の日米学生会議メンバーに加えて、高知の地元大学生も参加しました。本学からは5名がプレゼンテーション、パネルディスカッション、グループディスカッションに参加し、積極的な意見交換を行いました。

 

第71回会議テーマ:

学生が紡ぐ日米平和 ~対話と衝突から己を拓け~

The Evolving Japan-US Relationship: Think Globally, Act Locally

 

学生発表: 高知県立大学「よさこいのクレオール化」

発表者: 岡麗寿(文化学部)、田中有美(文化学部)、山本悠(文化学部)

nichibei_20190809

 

 

パネルディスカッション: コミュニティの豊かさ、高知の魅力に関して、地方の在り方

発表者: 岡麗寿 (左端)

nichibei_20190809_2 nichibei_20190809_discussion

 

 

グループディスカッション

参加者:藤本実乃梨(看護学部)、田鍋穂佳(看護学部)、岡麗寿(文化学部)、田中有美(文化学部)、山本悠(文化学部)

nichibei_20190809_discuss1 nichibei_20190809_discuss2

 

※日米学生会議  http://kjass.net/jasc-japan/

   facebook  https://www.facebook.com/JASC.page/