ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育 > 活動情報 > 活動報告 > 2020年7月3日(金曜日)高知新聞掲載 本学大学院生(看護学研究科共同災害看護学専攻)の企業との共同研究が紹介されました

2020年7月3日(金曜日)高知新聞掲載 本学大学院生(看護学研究科共同災害看護学専攻)の企業との共同研究が紹介されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月5日更新

飛沫感染防ぐ箱量産へ 医療者向けに試作

令和2年7月3日(金曜日)高知新聞朝刊に、本学看護学研究科共同災害看護学専攻の佐々木康介さんが、医療従事者を飛沫感染から守る「エアロゾルボックス」の量産化に向け、高知市の工場との協力で試作品を作ったことが紹介されました。是非、ご覧ください。

 

※クリックすると大きく表示されます。

飛沫感染防ぐ箱量産へ 医療者向けに試作

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ピックアップ


博士課程教育リーディングプログラム


先進的医療イノベーション人材養成事業

課題解決型高度医療人材養成プログラム事業

RKC高知放送寄附講義「地域メディア論」