ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 一色 健司(研究者情報)

一色 健司(研究者情報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月14日更新

一色 健司  ISSHIKI, Kenji

職位教授
役職総合情報センター長,共通教育部会長
所属地域教育研究センター,総合情報センター,大学院人間生活学研究科
リンクcinii jglobal rmap

研究者略歴

学位理学博士(京都大学、1987年)
学歴・職歴

京都大学理学部物理科学科卒業(1980年3月)
京都大学 大学院理学研究科化学専攻博士課程単位取得退学(1985年3月)
京都大学研修員(1985年4月〜1987年3月)
滋賀医科大学非常勤講師(1986年4月〜1987年3月)
高知女子大学家政学部講師(1987年4月〜1989年3月)
高知女子大学家政学部助教授(1989年4月〜1998年3月)
高知女子大学生活科学部助教授(1998年4月〜2003年3月)
高知女子大学大学院人間生活学研究科助教授(兼任)(2001年4月〜2003年3月)
高知女子大学生活科学部教授(大学院人間生活学研究科教授を兼任)(2003年4月〜2011年3月)
高知女子大学生活科学部長(兼任)(2004年4月〜2010年3月)
高知県立大学生活科学部教授(大学院人間生活学研究科教授を兼任)(2011年4月〜2012年3月)
高知県立大学地域教育研究センター教授(大学院人間生活学研究科教授を兼任)(2012年4月〜現在に至る)
高知県立大学総合情報センター長(兼任)(2019年4月〜現在に至る)

専門分野分析化学,水圏地球化学,環境化学,科学リテラシー教育
所属学会

日本化学会
日本分析化学会
日本地球化学会
日本海洋学会
American Chemical Society
日本コンピュータ化学会
コンピュータ利用教育学会
流域圏学会

研究SEEDS

研究テーマ

・水圏環境の分析化学的研究
・水圏の地球化学的研究
・高知県の水圏の化学環境に関する研究
・中学校高校理科教育カリキュラムや教育方法の改善

研究概要

1)環境水中の微量元素の存在状態別解析法および超高感度分析法の開発
2)1)の成果を手段として用いた、水圏中での微量元素の分布や存在状態解析や環境中での微量重金属元素の動態解析
3)2)の解析結果に基づいたに基づいた物質循環過程の解明
4)以上の研究を基礎とした高知県の降水,河川水,沿岸水などの状態の解析
5)中等教育における理科教育カリキュラムや教育方法の検討および検証

相談可能な領域

・水圏環境を中心とした地球環境問題と物質循環過程
・水圏中の微量元素の環境指標としての意義
・地域における水圏環境の解析と評価
・環境水中の微量元素の分析法
・水溶液中の超微量元素のクリーン分析技術
・理科・自然科学分野における高大接続および大学での導入教育
・理科実験における安全教育
・環境教育と理科・自然科学教育

キーワード

水圏環境、微量元素、スペシエーション(状態解析)、超高感度分析、濃縮分離、環境動態解析、クリーン分析、理科教育法、中等理科教育、科学リテラシー

研究業績

主要研究論文

1. Reiner Schlitzer, et al.: The GEOTRACES Intermediate Data Product 2017, Chmical Geology, Vol.493, pp.210-223 (2018).
2. Masashi Hojo, Yuki Uji-yie, Shohei Tsubota, Mika Tamura, Masahiko Yamamoto, Kei Okamura, Kenji Isshiki,: Can pure gold be dissolved in seawater mixed with aqueous nitric acid?, Journal of Molecular Liquids, Vol.194, pp.68-76 (2014).

主な著書

・北條正司・一色健司 編,基本分析化学,三共出版,2020年1月
・【新訂】授業に活かす理科教育法 中学校・高校編,東京書籍,2019年4月(分担執筆)
・授業に活かす!理科教育法 中学校・高校編,東京書籍,2009年4月(分担執筆)
・海と湖の化学-微量元素で探る-,京都大学学術出版会,2005年3月(編集および分担執筆)
・授業づくりのための理科教育法,東京書籍,2004年5月(分担執筆)
・はかってなんぼ-分析化学入門,丸善,2000年2月(分担執筆)
・新理科教育法,東京書籍,1996年4月(分担執筆)

科学研究費

 

主な受賞歴

・第16回高知出版学術賞(2006年3月,受賞対象:海と湖の化学-微量元素で探る-,京都大学学術出版会)
・(社)全国栄養士養成施設協会理事長表彰(2014年11月)

主な社会貢献

・高知県環境審議会 会長
・高知県環境審議会 総合部会長,同 水環境部会員
・新宇治川放水路地下水監視委員会 委員
・高知県環境影響評価技術審査会 委員
・仁淀川流域学識者会議 委員
・物部川流域学識者会議 委員
・高知県廃棄物処理施設設置審査会 委員
・高知市産業廃棄物処理施設設置審議会 委員
・日本分析化学会 中国四国支部幹事,学会誌「ぶんせき」編集委員
・高知地区分析技術懇談会 会長
・日本コンピュータ化学会 Chemical Education Journal編集委員
・流域圏学会 理事, 総務委員長,事務局長
・科学雑誌「理科の探検」 企画委員, 編集委員
・高知みらい科学館協議会 委員長
・高知市学校支援地域本部事業推進委員会 委員
・高知市民の大学運営委員会 委員