ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 看護学研究科 > 【開催方法変更】2020年度 がん高度実践看護師WG講演会 in Kochi 【12月5日(土曜日)】『遺伝性腫瘍と生きる患者へのがん看護』

【開催方法変更】2020年度 がん高度実践看護師WG講演会 in Kochi 【12月5日(土曜日)】『遺伝性腫瘍と生きる患者へのがん看護』


 がん高度実践看護師WG講演会では、「がん患者のライフステージの様々な新ニーズに応える高度な看護実践の展開」をがんプロⅢ期のテーマとし、がん看護インテンシブコースⅡ講演会を企画しています。
 2020年度は『遺伝性腫瘍と生きる患者へのがん看護』をテーマに、がんゲノム時代の遺伝性乳癌卵巣癌診療や、がんゲノム医療時代に必要な、がん看護・遺伝看護の視点と実際の関わりについて講演会を予定しています。講師には、高知県・高知市病院企業団立高知医療センター 乳腺・甲状腺外科 科長の高畠大典先生と、聖路加国際病院 遺伝診療部 遺伝看護専門看護師の大川恵先生をお迎えします。
 今年度は対面・Web(Zoom)での開催の予定ではございますが、新型コロナウイルス感染症の影響により、Web配信のみの開催に変更することがあることを予めご了承ください。
 多くの方にご参加いただき、一緒に学びたいと考えていますので、皆様お誘いあわせの上ぜひご参加下さい。お待ちしております。

 

※2020年12月3日追記

新型コロナウイルス感染症の影響により、講演会の開催方法が 「Web(Zoom)開催のみ」に変更となりました。
ご参加予定の皆様には、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

【差替え】20201205がん高度実践看護師WG講演会in Kochiチラシ