ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 教務課(大学院) > 「多職種連携による保健福祉医療従事者の力量アップのための講座」 職業実践力育成プログラム(B P)受講者募集

「多職種連携による保健福祉医療従事者の力量アップのための講座」 職業実践力育成プログラム(B P)受講者募集


履修証明プログラム「多職種連携による保健福祉医療従事者の力量アップのための講座」

講座の内容 

  地域包括ケアシステムの中でケアの必要な高齢者をケアしていくためには、多職種がそれぞれの専門的な知識とチーム力を発揮して、高齢者が可能な限り健やかに暮らしていける力を支えることが必要です。


 高知県立大学の3学部(看護学部・社会福祉学部・健康栄養学部)及び2研究科(看護学研究科・人間生活学研究科)が協力し、高齢者ケア力をアップ゚する知識、技術、技能を修得するための講座を開講します。
 

「身に付けられる知識、技術、技能」

 この講座では次の知識、技術、技能を修得することを目的としています。

 (1)高齢者をアセスメントし、高齢者の自立度に適合したケアの提供方法の知識と技術

 (2)高齢者と家族の選択を支える知識と技術

 (3)多職種の連携力や事例カンファレンスなどに関する知識と技能など

受講対象者

 高齢者ケアに携わる保健・医療・福祉従事者で資格(看護師、保健師、介護福祉士、管理栄養士、栄養士、ソーシャルワーカー等)を持っている者を対象にしています。

 併せて資格要件として、大学入学資格を有する者、又はこれと同等以上の学力を有すると認められる者である必要があります。

(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者

(2)通常の課程による12 年の学校教育を修了した者

(3)通常の課程以外の課程により前号に規定する学校教育に相当する学校教育を修了した者

(4)学校教育法施行規則(昭和22 年文部省令第11 号)第150 条第1号から第5号までに掲げる者

(5)前各号に掲げる者のほか、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学が認めた者 

 

事業概要

「履修証明プログラム」とは

 平成19年の学校教育法の改正により、大学等における「履修証明制度」が創設されました。これは、社会人等の学生以外の者を対象とした120時間以上の一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を受講することにより、キャリアアップ、専門性の向上、再就職、資格試験の勉強などに活用できる制度です。学位取得に比べ、より短期間で修得することができるという利点があります。

 修了要件を満たした場合には、「履修証明書(単位や学位を証明するものではありません)」を発行します。

 

「職業実践力育成プログラム(B P)」の認定

「大学等における職業実践力育成プログラムの認定に関する規定」(平成27年文部科学省告示第124号)に基づく、「職業実践力育成プログラム(BP)」の認定が、制度創設後初めて行われ、本学の履修証明プログラム「多職種連携による保健福祉医療従事者の力量アップのための講座」が認定を受けました。

     Bpロゴマーク  http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/bp/

 

募集要項

  BP募集要項 (PDFファイル:928KB)

受講申請期間

 令和元年5月13日(月曜日)~6月14日(金曜日)

 ※受付時間 9時00分~17時00分 月曜日~金曜日(土曜日、日曜日・祝祭日は休みです)

受講科目

 全部で 10 科目が用意されています。受講科目の内容は「シラバス」、開講スケジュールは別紙「時間割表」をご覧ください。

 BPシラバス (PDFファイル:1.21MB)  BP時間割表 (PDFファイル:49KB)

講座に関する問い合わせ先

    高知県立大学 教務支援部 担当:大野、荻

    〒781-8515 高知市池2751番地1

    Tel:088-847-8580  Fax:088-847-8605

    Mail:brush-up-program@cc.u-kochi.ac.jp      

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)