ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 学生・就職支援課 > 日本学生支援機構奨学金制度

日本学生支援機構奨学金制度


令和2年度日本学生支援機構奨学金の在学定期採用について

コロナウイルス拡大感染防止対策のため、本学の奨学金説明会を中止とさせていただきました。

今回中止となった日本学生支援機構奨学金の「在学定期採用説明会」について、申込み方法、必要書類、制度説明資料を以下に掲載いたします。

在学定期採用説明会に出席予定だった方は、以下の「申込方法と必要書類」を確認のうえ、期限までに必要書類の提出、ウェブ申請を行っていただきますようお願いいたします。

 

(注意)申込をされる前に日本学生支援機構のホームページから説明動画を必ず見て、奨学金制度について理解のうえ申込を行ってください。

【在学採用】奨学金を希望する皆さんへ -全編-(全体:30分07秒)

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/movie.html

 

 

【対象者について】

令和2年4月9日(木曜日)~令和2年4月16日(木曜日)でポータルサイトのアンケートを実施しています。

奨学金の新規申込を希望する学生に回答していただき、回答した住所へ申込書類を郵送します。

回答していない学生で希望する場合、至急アンケートに回答してください。回答方法は以下のとおりです。

 

回答方法:ポータルシステムにログインし、画面に表示されている「アンケート」のタブを選択し、アンケートに回答

アンケート名:【学部生及び大学院生】日本学生支援機構奨学金の申込を希望する方のみ回答してください

 

アンケートに回答した学生には後日申込書類一式を送付します。

その後の手続きは以下のとおり進めてください。

 

【申込の手順について】

【申込の流れ】

e

 

(1) ポータルのアンケートに回答【期限:4月16日(木曜日)】

 アンケートに回答した学生へ申込書類一式を郵送します。

■送付予定の書類を一部掲載しますので、事前に確認をしてください。

【2020年度版】(学部生)貸与奨学金を希望する方へ (PDFファイル:3月23日MB)

【2020年度版】(学部生・貸与)スカラネット入力下書き用紙 (PDFファイル:1.48MB)

【2020年度版】(学部生)給付奨学金を希望する方へ (PDFファイル:2月14日MB)

【2020年度版】(学部生・給付)スカラネット入力下書き用紙 (PDFファイル:1.32MB)

【2020年度版】(大学院)貸与奨学金を希望する方へ (PDFファイル:3.52MB)

【2020年度版】(大学院)スカラネット入力下書き用紙 (PDFファイル:1.59MB)

【2020年度版】(大学院)収入計算書 (PDFファイル:773KB)

 

(2) 大学へ必要書類を郵送等にて提出【期限:4月23日(木曜日)必着】※提出書類は以下に記載

  書類に不備があった場合はポータルか電話で連絡します。

  遠方にお住いの方は書類のやりとりで時間を要しますので、早めに書類を準備、郵送してください。

 

(3) ユーザーIDとパスワードを受け取る

  (2)で大学へ提出された書類が不備なく整い次第、ポータルサイトからIDとパスワードを連絡します。

 

(4) ウェブサイトで入力(提出)【期限:4月27日(月曜日)】

下記URLへアクセスし、「奨学金申込へ」を選んでください。

【URL】https://www.sas.jasso.go.jp/scholarnet/

 【入力する際に必要なもの】

 ・大学からもらったIDとパスワード

 ・マイナンバー提出書に記載している「申込IDとパスワード」

 ・スカラネット入力下書き用紙

 ※入力前に「下書き入力用紙」に記入してください。入力(提出)後に内容の変更はできません。

 【下書きの重要性】

30分経過するとタイムアウトになりますので、下書きをしていないと何度もやり直すことになります。また、人的保証を選択している方は、連帯保証人、保証人の登録が必要ですが、事前に正確な情報(漢字氏名、和暦の生年月日、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名称、勤務先電話番号)を下書きしておかなければ、誤った内容で登録することとなり、後々の手続きに支障が出ることになります。

 

(5) 入力(提出)後、マイナンバー提出書類を日本学生支援機構に郵送【期限:4月30日(木曜日)必着】

※(4)の入力後に表示される受付番号(16桁)を必ず下書き用紙に控え、マイナンバー提出書類に記載のうえ、郵送してください。

※郵送する際は、必ず書留等記録が残るように郵送してください。

 

(6) 提出(郵送)していただいた申込書類によって、日本学生支援機構で採否の判断をされ、採用が決定されましたら初回振り込みが6月11日(木曜日)になります。採用された学生のみなさんには返還誓約書・誓約書等の提出手続きがありますので、追って大学からご案内します。

 

【必要書類について】

〇大学へ郵送等にて提出する書類【期限:4月23日(木曜日)必着】

<学部生>

・確認書兼同意書

・学生本人名義の預貯金口座のコピー(通帳のコピー)

・収入に関する証明書類【該当者のみ】

※2018年1月2日以降に生計維持者(父母)が就職、転職、失職、開業、閉業した場合は、マイナンバーで収入情報が取れませんので、送付した冊子に記載されているチャート(p31~p32)で該当する項目を探し、p33~p34に記載の証明書類を提出してください。

・学修計画書【給付型奨学金希望者のみ】

・自宅外通学であることを証明する書類(賃貸契約書、入寮許可証のコピー等)【給付型奨学金希望者のみ】

 

<大学院生>

・確認書兼同意書

・学生本人名義の預貯金口座のコピー(通帳のコピー等)

・収入に関する証明書類

・収入計算書

 

〇日本学生支援機構へ郵送にて提出する書類【提出期限4月30日(木曜日)必着】

・マイナンバー提出書類【学部生のみ】

※スカラネットの入力後に表示される受付番号(16桁)を必ず下書き用紙に控え、マイナンバー提出書類に記載のうえ、郵送してください。

※郵送する際は、必ず書留等記録が残るように郵送してください。

 

 

日本学生支援機構奨学金制度

 日本学生支援機構(Jasso)の奨学金とは

  日本学生支援機構(Jasso)の奨学金は、大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)等の学生を対象とした、国が実施する奨学金です。奨学金には、貸与型奨学金と給付型奨学金があります。貸与型奨学金は、学生が自立して学ぶことを支援するために、学生本人が貸与し、卒業後、本人が返還していくものです。給付型奨学金は、住民税非課税世帯またはそれに準ずる世帯の学生を対象としています。令和2年度から国が実施する、「高等教育の修学支援制度」に係る授業料減免を受けるためには、日本学生支援機構の給付型奨学金の対象となることが条件となります。

貸与型奨学金(学部生・大学院生)

【採用要件について】

日本学生支援機構ホームページ【申込資格・申込基準リンク】

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/moshikomi/zaigaku/koho_kettei/daigaku/index.html

 

【貸与月額について】

貸与奨学金は以下の種類があります。

・第一種(利息の無いタイプ)

・第二種(利息が付くタイプ)

・入学時特別増額(入学時のみ利用可能)

それぞれの利用月額については以下のホームページをご確認ください。

日本学生支援機構ホームページ【貸与種別・金額リンク】

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/kingaku/index.html

 

【保証制度について】

貸与奨学金を利用する場合、必ず「人的保証」または「機関保証」のいずれかの保証制度を選択する必要があります。

「人的保証」を選択した場合、連帯保証人及び保証人を選任します。

「機関保証」を選択した場合、日本国際教育支援協会(Jees)に月々の貸与月額から保証料を支払い、保証を委託します。

日本学生支援機構ホームページ【保証制度リンク】

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/hosho/index.html

 

給付型奨学金(学部生のみ)【高等教育段階における修学支援制度】

【採用要件について】

給付奨学金の支給を受けるには、次の(1)と(2)の両方を満たす必要があります。

(1)学業成績等に係る基準

(2)家計に係る基準(収入基準・資産基準)

日本学生支援機構ホームページ【給付型奨学金選考基準リンク】https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/shikaku/zaigaku.html#senkou

 

また、家計に係る基準については、進学シミュレーターにより、事前に確認することができます。

進学シミュレーター【https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

 

 

【給付月額について】

給付型奨学金は認定を受けた支援区分(第1~第3区分)及び、通学形態(自宅通学または自宅外通学)によって支給金額が異なります。

日本学生支援機構ホームページ【給付月額リンク】

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kingaku/index.html

 

【授業料減免について】

日本学生支援機構の給付型奨学金に採用された方は、別途大学へ申請することにより、授業料減免の対象となります。

減免金額については認定を受けた支援区分(第1~第3区分)によって異なります。

詳細については、採用が決定された後に説明会を行いますので、追って大学からご案内します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)