学部のご案内教育・研究活動

ホーム ー 学部のご案内 ー  教育・研究活動

未来の看護を拓く教育、研究への取り組み
看護学部の教員は、新たな教育方法を開発するとともに、様々な視点から個人あるいはチームで研究を行い、これからの看護について社会に発信できるよう取り組み、日々の教育に活用しています。

教育活動の工夫の紹介

ディープアクティブラーニングの要素を取り入れた高齢者擬似体験

高齢者擬似体験

2回生の「老人の健康と看護」では、高齢者擬似体験を実施しています。

高齢者擬似体験は、未だ学生が体験したことのない高齢者の世界を理解し、高齢者の生活上の工夫や課題を探求すること、体験を通して高齢者のケアの在り方を考え、新たな問いや疑問をもつことが目的です。なかでも大事にしている視点は、単なる体験に留まらず学生が擬似体験のプロセスを通して身近な高齢者を想起し、いかに考え、行動し、実践するかといったディープアクティブラーニングの要素を取り入れた能動的学習を重視していることです。

そのため、学生主体となるようにペアの学生がもう1人の学生に、体験場面ごとに問いを投げかけるデブリーフィングの考えを取り入れた“アクションカードの活用”や、個人の体験内容を深める“リフレクションシートの活用”、学生同士の相互作用による学びを深める“ピアインストラクション”の時間を設けるなど、教育手法に工夫を凝らしています。

広い視点で保健医療福祉システムを捉え、看護の専門性について考える看護管理実習

4回生の必修科目である「看護管理実習」は、システム思考を用いて保健医療福祉の専門職の取り組みを機能・本質という視点で分析・把握し、理解していく実習です。例えば「在宅への移行支援」「精神保健の自殺予防」「緩和ケア」「産科フロアとNICUの連携」について分析します。

実習では、そのシステムに関わる様々な専門職者にインタビューしたり、関連する資料から情報収集を行うなどして、システム思考を用いて情報を整理し、可視化していきます。その際、鳥の目で全体を俯瞰(ふかん)しつつ、虫の目でミクロに複眼的に捉え、魚の目で流れをみることを繰り返します。この体験を通して、多職種連携や多機関連携の特徴と看護の専門性、退院支援、医療と福祉の連携など、時代とともに変化するシステムを学ぶことができます。さらに、「何のため?」と確認したり、目の前にある現象を一歩引いて俯瞰して捉える姿勢を培ってほしいと思います。 

実践力を高める教育 ~看護実践能力開発実習~

近年、入院期間の短縮や高度医療、患者の重症化、倫理的課題などにより、看護基礎教育の実習で経験できる看護技術が限られる傾向にあります。4年次の最後に、これまで習得してきた知識・技術・態度・行為を統合し看護実践能力を高めることを目標として、シミュレーション学習を取り入れた実習を行っています。

この実習では、新人看護師が臨床で対応を求められる機会が多い看護場面、臨地実習において学生が受け持つ機会が少ない患者の看護場面、複数の技術の組み合わせや工夫が必要な場面を通して、より実践に近い看護技術を磨き、実践力を高めていきます。

学生からは、「4年間の授業で学んだことや実習・演習で実践してきたことを総動員して事例を考えることができ、バラバラだった知識が少しずつ繋がった」、「今までの知識も使って考えられたので学んだ知識が使える知識になった」、「できる看護技術が増え、自信を持つことができた」等の声が聞かれます。

今後も、社会的要請や学生のニーズを捉えながら、学生の力を引き出す、そして、臨床実践と繋がった教育方法の工夫を続けていきたいと思います。

.

研究力の育成

批判的思考(Clitical Thinking)を育む~データとの対話のすすめ

研究力の育成

看護研究をとおして、大切にしていることの一つが、理論や既存の知識体系を基盤としながら物事を論理的に捉え、判断する科学的思考を身に付けることです。そして、既存の知識や現象の捉えをそのまま受け入れるのでなく、本当にそうだろうか、どのような意味があるのだろうか、何を表しているのだろうかと問いを発し、自問しながらみる視方-批判的思考(Clitical Thinking)を学んでいってほしいと思っています。批判的思考とは、物事を論理的に考えることであり、自分自身の思考を吟味することです。それには常に問い続ける姿勢、最新の情報を探索していく姿勢が大切だと考えます。自らの問いを立て看護研究に取り組む中で、様々な文献に示された知識体系や結果として導かれたデータと対話し、紐解きながらその意味を捉え、新たな見方を創っていってほしいと思っています。
卒業論文一覧
  • 平成29年度
  • 平成28年度
食物アレルギーをもつ子どもの就学における家族の準備性
学童期の子どもの食に関するセルフケア
発達障害がある学童期の子どものセルフケア・エージェンシーを育む親の取り組み
子育てをする母親の求助行動
電動足浴器の温熱、洗浄およびリラクゼーションに対する効果
避難所における騒音対策の試み
非侵襲的方法を用いた手背および前腕における皮静脈走行の分類
術前のフレイルが術後の患者の歩行能力に与える影響の実態と歩行に影響を及ぼす要因
生活期における大腿骨頸部・転子部骨折術後高齢者の生活の折り合い
壮年期脳血管疾患患者の在宅移行期におけるストレスコーピング
重度在宅療養者の家族の生活調整
病棟看護師が行う退院支援・退院調整の実際
精神疾患をもちながら就労している人のレジリエンス
妊婦の糖代謝異常の受容
慢性心不全をもつ高齢者のセルフモニタリングのプロセス
外来化学療法を受ける高齢がん患者の生きがい
ダウン症の子どもをもつ家族の家族レジリエンス
学童期の子どもの保健行動
慢性疾患をもつ学童期の子どもを育む家族の家族ストレングス
照度変化が歩行と心理に及ぼす影響
マンシェットによる上腕緊縛の末梢循環動態への影響
一般市民を対象とした1分間で交替する胸骨圧迫のみのCPRの有効性について
看護のスペシャリストのもつプロフェッションフッド
南海トラフ地震で孤立が予想される地域に暮らす高齢者の準備期の災害対策
高齢の療養者とともに生活する家族の在宅移行への意思決定
いきいき百歳体操に参加する高齢者が考える自己の将来像
中山間地域に住む高齢者のヘルスプロモーション行動
2型糖尿病をもつ人の病いの捉え
精神科看護師に否定的感情を引き起こすような患者の拒否・拒絶に対する看護
外来通院しながら治療を継続しているがん患者の希望
セルフヘルプ・グループに参加するがん患者の体験

.

教員の高い研究力

高い科学研究費助成事業の取得率

高い研究力

教員の研究者としての質については、研究者として重要な文部科学省や日本学術振興会など学外から研究の資金を獲得できるかどうかが あります。この科学研究費助成事業(科研)の採択率は、全国で3位であり、看護系教員の科学研究費助成事業の取得率は、43.1%と驚異的な高値になっています。これは、学部全体で積極的に研究活動に取り組み、研究を推進する基盤がある証です。
上記データは、2017年度のものです。
  • 科学研究費助成事業一覧
研究代表者氏名 研究課題名 事業名

[研究代表者氏名]

野嶋 佐由美

[研究課題名]

災害時における家族レジリエンスを促す看護支援モデルの構築と活用

[事業名]

基盤研究(A)(一般)

[研究代表者氏名]

神原 咲子

[研究課題名]

地域の全体最適を目指した減災ケアの可視化とツールの開発

[事業名]

基盤研究(B)(一般)

[研究代表者氏名]

佐東 美緒

[研究課題名]

医療的ケアが必要な在宅療養中の子どもと家族の災害に備えた協働支援プログラムの開発

[事業名]

基盤研究(B)(一般)

[研究代表者氏名]

中野 綾美

[研究課題名]

命に向き合う子どもと親のエンド・オブ・ライフへの看護支援モデルの構築と活用

[事業名]

基盤研究(B)(一般)

[研究代表者氏名]

中山 洋子

[研究課題名]

重度・慢性精神障害者のセルフケア能力の評価方法と看護介入モデルの開発

[事業名]

基盤研究(B)(一般)

[研究代表者氏名]

野嶋 佐由美

[研究課題名]

脆弱性を抱えた家族のレジリエンスを促進するケアガイドラインと教育プログラムの構築

[事業名]

基盤研究(B)(一般)

[研究代表者氏名]

藤田 佐和

[研究課題名]

がんと認知症を併せもつ高齢がん患者の緩和ケアと認知症ケアの統合ケアモデルの開発

[事業名]

基盤研究(B)(一般)

[研究代表者氏名]

南 裕子

[研究課題名]

地球規模課題の解決とパラダイムシフトをもたらす災害看護学の構築

[事業名]

基盤研究(B)(一般)

[研究代表者氏名]

有田 直子

[研究課題名]

血液・腫瘍疾患を持つ青年が親と行うSDMを支える看護介入プログラムの効果

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

池添 志乃

[研究課題名]

発達障害のある子どもと家族の就学期の移行を支える看護ケアモデルの構築

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

池田 光徳

[研究課題名]

がん化学療法による手足症候群および爪囲爪炎の早期検出と新規外用剤による予防的介入

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

井上 正隆

[研究課題名]

地方都市でのクリティカルケア看護熟達者の発展的相互学習システムの構築

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

岩崎 順子

[研究課題名]

低出生体重児を抱える母親のMCを育成する看護介入プログラムの開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

瓜生 浩子

[研究課題名]

家族看護実践における倫理調整力強化のためのモデルと教育ツールの開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

小澤 若菜

[研究課題名]

中小規模事業場のポピュレーションヘルスマネジメントモデルの構築

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

川上 理子

[研究課題名]

独居高齢者のエンド・オブ・ライフ期の在宅療養を支える多職種協働プログラム開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

小原 弘子

[研究課題名]

在宅褥瘡ケアにおける訪問看護師の判断とケアのガイドラインの開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

坂元 綾

[研究課題名]

糖尿病足病変予防のための看護師のアセスメント力を高める教育プログラムの開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

塩見 理香

[研究課題名]

自閉症スペクトラム障害者の対人関係におけるセルフコントロールを高めるプログラム

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

嶋岡 暢希

[研究課題名]

多胎児を育てる夫婦のMastery獲得を支える看護援助プログラムの構築

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

田井 雅子

[研究課題名]

統合失調症者の自我機能に注目するセルフマネジメント促進の看護ケアモデル

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

高谷 恭子

[研究課題名]

発達障がいをもつ思春期の子どもと親が辿る軌跡を説明できるモデルの構築

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

竹崎 久美子

[研究課題名]

認知症高齢者の術後安静をより安楽に保つためのケアガイドライン

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

田之頭 恵里

[研究課題名]

生体肝移植を受けた子どものレジリエンスを高める看護実践ガイドラインの開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

時長 美希

[研究課題名]

脆弱性を有する生活困窮者へのマージナルケアモデルの構築
基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

長戸 和子

[研究課題名]

糖尿病患者・家族の「家族マネジメント力」に即した看護介入の実践に関する研究

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

森下 安子

[研究課題名]

慢性心不全高齢者の再入院を予防するシームレスケアを創る退院支援ガイドラインの開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

森下 幸子

[研究課題名]

新卒訪問看護師と学習支援者の期待不一致を解決する学習支援プログラムの構築

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

森本 紗磨美

[研究課題名]

消化器がん患者の周術期ヘルスリテラシー支援プログラムの開発

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

森本 悦子

[研究課題名]

地域の一般病院に通院する後期高齢がん患者への複合的な外来看護支援モデルの構築

[事業名]

基盤研究(C)(一般)

[研究代表者氏名]

神原 咲子

[研究課題名]

住民参加型モニタリングによる生活環境評価法の開発

[事業名]

挑戦的研究(萌芽)

[研究代表者氏名]

大川 宣容

[研究課題名]

家族の体験を基礎としたクリティカルケアにおける悲嘆ケアガイドラインの開発

[事業名]

挑戦的萌芽研究

[研究代表者氏名]

中山 洋子

[研究課題名]

伏間原発事故によって長期化した避難生活が住民の”生きる力”に及ぼす影響

[事業名]

挑戦的萌芽研究

[研究代表者氏名]

井上 さや子

[研究課題名]

神経性やせ症患者の身体感覚の回復に向けた、精神看護ケアガイドライン

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

川本 美香

[研究課題名]

大腸がん検診精密検査受診行動の促進に向けたケアガイドラインの開発

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

小松 弓香里

[研究課題名]

脳血管障害による後遺症をもつ人の家族のMastery獲得を支援する看護介入

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

庄司 麻美

[研究課題名]

肺がん患者の全人的呼吸困難感の看護アセスメントツールの開発

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

佃 雅美
トランジションを基盤としたICU新人看護師の看護実践能力向上支援プログラムの開発

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

西内 舞里

[研究課題名]

妊娠期ケアにおける臨床判断に関する現任教育プログラムの開発

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

山口 智治

[研究課題名]

DMD患者の家族のSOCを育む家族支援ガイドラインの開発

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

渡邊 聡子

[研究課題名]

ICTを用いた妊婦の災害への備えを促進するための介入の効果検証
若手研究(B)

[研究代表者氏名]

渡邊 美保

[研究課題名]

高齢者のリロケーションを支援するケアガイドラインの開発

[事業名]

若手研究(B)

[研究代表者氏名]

瀧 めぐみ

[研究課題名]

行動制限最小化における多職種間の倫理調整プロセスモデルの作成

[事業名]

研究活動スタート支援

[研究代表者氏名]

原田 圭子

[研究課題名]

積雪寒冷地における地域在住高齢者の閉じこもり要因と支援

[事業名]

研究活動スタート支援

.

学会のリーダー的位置

看護学をはじめ、さまざまな学問領域には、独自の学会があります。多くの学会には毎年学術集会や年次大会といわれるものがあり、その分野の研究者が最新の研究成果を発表し、議論を交わします。看護学部の教員は、様々な学術集会で大会長を務めてきました。

また、学会を運営する理事なども複数の教員が務めています。
これも看護学部教員が、研究分野をリードしている証の1つです。
  • 学会①
  • 学会②
  • 学会③
  • 過去10年間に大会長を務めた学会
2011年 第31回日本看護科学学会学術集会 学術集会長:野嶋 佐由美
テーマ:社会とともに拓く看護の新たな知への挑戦
2013年 日本小児看護学会第23回学術集会 学術集会長:中野 綾美
テーマ:子どもと家族の力を支える倫理的判断にもとづく小児看護の創造
2017年 第31回日本がん看護学会学術集会 会長:藤田 佐和
テーマ:がん看護の跳躍する力-未知なる世界の探究-
2018年 日本家族看護学会第25回学術集会 会長:長戸 和子
テーマ: 家族看護学のグランドデザインへの挑戦

PAGE TOP