地域の方へ公開講座

ホーム ー 地域の方へ ー 公開講座

看護学部公開講座のご案内

高知県立看護学部では、高校生を対象に看護学を学ぶための公開講座を開催しています。
この公開講座は、高校生のうちから看護学を学び、考える機会を提供する趣旨のものです。
今年度は5回開催いたします。
詳細は、その都度看護学部ホームページに掲載いたします。ご覧ください。
※会場は、開催日によって異なります。ご注意ください。

なお、この公開講座は講義形式ではなく、グループワーク形式で行います。参加される方は、予めご承知下さい。
また、本公開講座への参加は、入学試験の合否には関係しません。

開催報告

6・7月開催:テーマ「複眼的思考」 高校生のための看護学を学ぶ公開講座 2019
開催日時:令和元年6月22日(土)13:30~16:00
     令和元年7月28日(日)13:30~15:00
参加者 :8名(6月)・18名(7月)
運営  :井上正隆講師(高知県立大学)・永井真寿美助教(高知県立大学)

第1・2回は、「複眼的思考」をテーマに開催しました。
ことわざの別の解釈を考える体験や、文献の中に登場する人物それぞれの価値を考察し、グループ間で共有する体験をしました。
参加した高校生は、「一人で参加したので緊張したが、グループワークが楽しく、大学生は優しく接してくれて、よく考えることができた」、「無意識の内に先入観をもって話していたことに気づいた」、「自分だけの意見だと解決できないこともたくさんあるので、その時に周りの意見も取り入れると、『こんな意見もあるんだ!』と解決できることも多いと思った」、「『複眼的思考』ができるようになりたい」と感想を寄せてくださいました。
初めて会う人と意見を交換し合うことは緊張もしますが、お互いの意見に耳を傾け、いろいろな立場に立って現象を読み取ることは、【多様性】や【これから私たちが生きていく社会を考える】ことへとつながっていきました。

これからも、高校生のみなさんとともに考え、「Lifeのそばにいる看護」に触れていただきたいと思っています。みなさんのご参加をお待ちしています。
【第1回の様子】
  • 第1回の様子
  •  
  • 第1回の様子
  •  
  • 第1回の様子
  •  
  • 第1回の様子
  •  
【第2回の様子】
  • 第2回の様子
  •  
  • 第2回の様子
  •  

開催スケジュール

【第1回】
日時:6月22日(土)13:30~16:00
会場:高知県立大学永国寺キャンパス A110(教育研究棟1F)
テーマ:複眼的思考
参加対象者:高校生
定員:20名程度

【第2回】
日時:7月28日(日)13:30~15:00
会場:高知県立大学池キャンパス C313(看護学部棟3F)
   オープンキャンパスと同時開催
テーマ:複眼的思考
参加対象者:高校生(主に県外生対象)
定員:20名程度

【第3回】
日時:10月12日(土)8:00~11:00
会場:高知県立大学池キャンパス 本部棟正面玄関
   災害訓練と同時開催
テーマ:災害看護学
参加対象者:高校生
定員:20名程度
※動きやすい服装でお越しください(制服でなくてもかまいません)。

【第4回】
日時:12月14日(土)13:30~16:00
会場:高知県立大学永国寺キャンパス A110(教育研究棟1F)
テーマ:看護に関するさまざまな職業
参加対象者:高校生
定員:20名程度

【第5回】
日時:3月(日程未定)13:30~16:00
会場:高知県立大学永国寺キャンパス A110(教育研究棟1F)
テーマ:看護とは何か
参加対象者:高校生
定員:20名程度

下記連絡先に、メールか電話よりお申込み下さい。
お申込みの際、氏名・学校名・学年・参加日時・連絡先をお知らせください。
お問い合わせ・お申し込み先:看護学部事務
Mail:nursing-lecturer@cc.u-kochi.ac.jp
TEL:088-847-8750

.

過去の講座

.

.

高知県立大学健康長寿センター公開講座のご案内

高知県立大学健康長寿センターでは、高知県における看護教育、看護実践の発展とともに、医療・健康・福祉サービスやケアの質向上に寄与することを目的として、公開講座を開催しています。
詳細は、添付のチラシをご覧ください。
・第1回公開講座:令和元年度10月5日(土)13:30~16:30(受付13:00~)
新人・復職間もない看護職者の方々への「基本から学ぶフィジカルアセスメント」
対象:新人・復職間もない看護職者の方々 15名
第1回公開講座チラシ
・第2回公開講座:令和元年11月9日(土)13:30~15:30(受付13:00~)
妊娠期から始める児童虐待予防~事例を用いて、社会的ハイリスク妊婦への対応を一緒に考えよう~
対象:テーマに関心のある医療・保健・福祉関係者 定員:30名
第2回公開講座チラシ

PAGE TOP