地域の方へ過去の公開講座

ホーム ー 地域の方へ ー 公開講座 ー 過去の公開講座

平成29年度 第1回看護学部公開講座を開催しました

開催日時:平成29年4月18日(火) 13:30~16:30
場所:高知県立大学池キャンパス
参加者数:3名
講師:佃 雅美助教(高知県立大学看護学部)
演習補助:岩井 弓香理助教・川本 美香助教(高知県立大学看護学部)

平成29年度看護学部第1回公開講座を開催しました。第1回は、保健師対象の採血技術向上研修です。3名の保健師の方々にご参加いただきました。感染症対策の業務で採血技術の必要性が高まっている方や今後その従事する可能性のある方など、参加していただいた理由は様々でしたが、皆さん真剣に講義・演習に取り組まれておりました。
始めに、本学の佃雅美助教より採血に関する基礎的知識に関する講義がありました。講義で採血技術に関する知識を確認した後、モデル人形を使った演習を行い、技術と決意を固めてから参加者間で採血を実施しました。参加者は、必要物品の準備から物品の配置、穿刺部位の決定、対象者への説明から実施まで一連の流れを、一つ一つ丁寧に行っていました。
研修終了後のアンケートでは、「受講前は採血技術に関して全く自信がなかった」と回答されていましたが、受講後は「今日の研修で採血業務を不安なくやっていけると思う」の問いに対して、皆さんが「ややそう思う」と回答されており、自信へと繋がっていることが伺えました。少人数で実施できてよかった、心構えができた、手技の中で自分が不安な所を明確にすることができた、などの感想もいただきました。これらを踏まえ、今後の公開講座の企画・運営に生かしたいと思います
  • 必要物品の準備 ひとつひとつ確認しながら行いました
  • 必要物品の準備 ひとつひとつ確認しながら行いました
  • モデル人形への実施
  • モデル人形への実施
  • 参加者間での実施
  • 参加者間での実施

PAGE TOP