受験生の方へ卒業後の進路

ホーム ー 受験生の方へ ー  卒業後の進路

開学以来、
就職希望者の就職率は、
100%を維持しています。
看護学部では、就職相談コーナー『ワクワクWork!!』や学生委員会と連携して、1回生から学年に応じた様々な就職支援を行っています。将来を具体的にイメージして、長いライフプランを見越した進路指導を行っている点が特徴です。

例えば、進路を考え始める3回生では、卒後3年目頃の卒業生に大学に帰ってきてもらい、就職活動の話しや就職してからの様子などを聴ける機会を設けています。

4回生になると、学年担当教員による就職希望面談、履歴書や小論文の書き方、模擬面接など、学生個々の希望や意思を尊重した支援をしています。また、将来大学院への進学を希望する学生さんなどには、卒業前に現役の大学院生の話しを聴いて具体的なイメージが持てるようにしています。

この数年の特徴として、学部を卒業して直接大学院に進学する卒業生が増えてきました。
看護学部学生の進路
  • 卒業後の進路
  • 卒業後の進路
  • 卒業後の進路

.

3回生を対象にした保健医療系就職ガイダンスの様子

この会は、将来の進路について具体的に考えられるように支援する企画です。内容は、講演会、パネルディスカッション、分科会の3部構成で行われました。講演会では、高知医療センター看護局長より「こんな人材を求めています」をテーマに、臨床の場でどのような看護者が求められているのか、学生時代にどのような能力を習得しておけばよいのかなどについてお話しいただきました。また、本学の卒業生でもある教員より「就職、そしてその後のキャリアアップについて」 話がありました。

パネルディスカッションでは、養護教諭、保健師、助産師、看護師として就職した先輩方から、具体的な仕事の内容ややりがい、就職活動の実際など、さまざまなエピソードを交えながらお話しいただくとともに、学生からの質問にも答えていただきました。つづく分科会では、希望する職種に分かれて、先輩方と自由に意見交換を行いました。

実施後のアンケートでは「自分が考えていた就職までの道のりを考え直さなくてはならないような内容だった」「現場で実際に働く人の生の声を聞くことができて、より現実味をもって進路について考えることができた」などの回答があり、学生たちは、将来の進路の具体化に向けて次のステップを踏み出す機会となりました。
平成30年3月卒業生の主な就職先
看護師
高知医療センター、高知大学医学部附属病院、高知赤十字病院、日本赤十字医療センター、徳島赤十字病院、徳島大学病院、愛媛大学医学部附属病院、国立病院機構四国こどもとおとなの医療センター、岡山大学病院、岡山市民病院、広島大学病院、姫路赤十字病院、神戸大学医学部附属病院、神戸赤十字病院、兵庫県立こども病院、兵庫県立尼崎総合医療センター、神戸市立西神戸医療センター、大阪急性期・総合医療センター、大阪大学医学部附属病院、国立病院機構大阪医療センター、滋賀県立成人病センター、九州大学病院、大分赤十字病院、静岡県立がんセンター、愛知県心身障害者コロニー中央病院、国立循環器病研究センター、聖路加国際病院、井之頭病院、川崎医科大学総合医療センター、東海大学医学部附属病院 武蔵野赤十字病院 ほか

助産師
高知医療センター、高知赤十字病院、JA高知病院、国立病院機構高知病院、日本赤十字社医療センター、倉敷成人病センター、田腑興風会医学研究所北野病院

保健師
高知県、高知県内市町村、岡山市、さぬき市、倉敷市、愛媛県、羽生市

養護教諭
高知県、香川県、広島県、島根県、廿日市

PAGE TOP