カリキュラム領域紹介

ホーム ー カリキュラム ー 領域紹介

.

基礎看護学

教員構成

長戸和子・畦地博子・池添志乃・瓜生浩子・坂元綾・神家ひとみ・中井美喜子

領域紹介 看護学の基礎となる領域です。「人間」「健康」「生活」「環境」そして「看護」について理解すること、また、これら相互のかかわりの深さを知り、人が健康を回復・保持・増進するための援助や看護の機能について、学んでいきます。対象となる人の個別性を尊重すること、根拠を考えて行動することを大切にしています。また、看護研究、看護理論、看護哲学、看護倫理などを学び、看護学を探究していきます。
活動内容 基礎看護学では、看護学を構築する理論、研究、倫理について学ぶと共に、看護技術や援助関係形成に関する技術を学びます。授業では、学生同士でロールプレイを行ったり、自分たちの技術をビデオに録画し分析を行ったり、グループで討議したりして、「聴く」だけの授業ではなく、考えて、発見のできる授業を目指しています。また、できるだけ実践的に看護技術を身につけられるように、さまざまなモデル人形やシミュレーターを活用したり、教材の工夫にも取り組んでいます。3・4年生では1・2年生で学んだ基礎的な知識や技術を総合看護実習等で活用するとともに、さらに研究的な視点から統合していきます。

.

.

看護管理学

教員構成

久保田聰美・内川洋子

領域紹介 システム思考を用いて看護現象の本質と機能を追求することにより、問題解決能力の育成を図るとともに、組織の成り立ちと人々の協働に必要な理論を学習することにより、効果的で効率的な看護システムのあり方と運用について学ぶことを目指している。
活動内容 地域の看護職者と共に看護管理ケア検討会を定期的に開催し、看護実践における問題を相互にディスカッションし、問題解決のための方策を考える機会を提供している。また、本検討会では、問題を議論するばかりではなく、それに関わる理論や具体的な解決方法などの情報提供も行いながら、臨床における看護の質の保証をいかに行っていくか議論している。学生は、チーム医療実習において他職種の役割や、他職種との連携を学び、更に看護管理実習においてシステム思考を用い、医療システムの実態を機能的視点から整理・分析し、今後の医療あるいは看護の姿を考察している。また、卒業研究として、プリセプターシップ、看護師の転職、職務満足、看護実践能力、リーダーシップやチーム医療、新人看護師の成長等の研究を行って来た。

.

.

慢性期看護学

教員構成

内田雅子・山中福子・高樽由美・益宏美

領域紹介 人間は、からだのしくみが乱れ、調和が保てなくなると健康問題が生じます。慢性の病気をもつ人は、病気がありながらもこれまでの日常生活の調整や再編成をして生活しています。私たちはその人が自らの力を発揮して生活を拡大し、その人独自の生活が営めることを目指した看護を大切にしています。慢性期にある人が、その人らしさを重視して質の高い生活が送れるような援助を学生さんと共に模索しています。
活動内容 慢性期看護独自のケア技術の開発や教育・実践力を育成することを課題とし、講義・演習・実習において理論や実践知を活用し、科学的・理論的でかつ具体的な看護実践ができるよう工夫しています。学生さんと一緒に、慢性期にある人の理解や看護実践についての探究をすると共に、看護実践の質向上を目指した研究活動を実践しています。

.

.

急性期看護学

教員構成

大川宣容・井上正隆・田中雅美・森本紗磨美

領域紹介 病気やその治療あるいは突発的な事故により急激に身体の機能が低下した、生命の危機状態にある人の看護について考える領域です。複雑で調和のとれた生体が重篤な状況に置かれたときに示す様々な生体反応とその意味を読みとり、リハビリテーションを含めた回復を促していく援助方法を学習します。また常に対象の尊厳を守り、その人らしい生活を基盤にした援助のあり方を学び、修得します。
活動内容 模型やビデオを活用して、五感を使って人体機能を理解し、アセスメントする力が向上できるよう工夫しています。また、グループ討議、高機能シミュレーターを活用したり、模擬患者さんを対象に、実践的に学ぶ演習を取り入れています。看護研究として、「心臓手術を受けた患者の回復行動に踏み出すきっかけ」(平成24年度)、「術後患者の回復意欲を支える援助における看護師の認識」(平成25年度)を行い、看護の学会や専門誌で発表するようにしています。

.

.

老人看護学

教員構成

竹崎久美子・渡邊美保・塩見理香・原田圭子

領域紹介 人生の先輩である高齢者の看護について考えていく領域です。「加齢」という自然なプロセスや老年期の特徴を学ぶと共に、それぞれに長い人生を歩んでこられた高齢者を一人の生活者として理解し、尊厳を守り、加齢の影響を考慮した、老人看護の基本的な方法と課題について学習していきます。
活動内容 授業では、高齢者の特徴や社会の動き、高齢者に纏わる様々な理論的基盤について資料やビデオ、あるいは、高齢者擬似体験を通して理解を深めます。超高齢社会に必要とされる、これからの看護の役割について、一人ひとりが考えていける力を養うことをめざして、教育・研究に留まらず、地域の専門職の方々と共に、ケース検討会や勉強会を開催し、老人看護の質の向上に取り組んでいます。

.

.

精神看護学

教員構成

田井雅子・藤代知美・井上さや子・瀧めぐみ

領域紹介 心のしくみや精神障害者のおかれている状況を理解し、心の健康が乱されることによって生じる様々な状態を、人がその人らしい生活を営むという視点から考えていくことを大切にしています。また、自分自身の看護職者としてのあり方を常に省みる姿勢を身につけていくことや、心の健康に乱れを生じている人々が自分らしい生活を営もうとする力を支える看護技術について学びます。
活動内容 授業では精神障害者の手記やビデオなど様々なメディアを活用し、共感的にその人のあり方を理解することを積極的に行っています。また、個人の心の構造・機能を理解して、患者像を形成し、それをベースに、セルフケア看護モデルを活用して個別性のある看護を展開する方法について学ぶなど、実践での活動を視野に入れた授業を行っています。また、ボランティア活動や勉強会を通し、地域の看護職者の方々と共に看護の質の向上に取り組んでいます。

.

.

小児看護学

教員構成

中野綾美・佐東美緒・高谷恭子・有田直子・田之頭恵里

領域紹介 子どもを理解し、看護する上で基礎となる考え方や理論について学びます。また、学習したことをもとに、子どもの健康レベルに応じた日常生活の過ごし方や看護援助の方法についても学びます。小児看護では、子どもだけではなく、子どもの成長発達過程における親・家族の重要性について学び、親子関係・家族関係形成の援助を修得します。さらに、社会の動向や小児保健の動向について学習し、小児看護の役割について学んでいきます。
活動内容 講義では、グループ討議や小児看護実習室での高機能シミュレーター(シミュレーション人形)などを使った具体的な技術の演習を取り入れています。一人ひとりの学生が独自の視点で、子どもや子どもを取り巻く家族・社会を捉え、子どもの権利・家族の権利を擁護する看護について学び、実践に発展させることのできる講義・実習を目指しています。講義以外にも、高知医療センター新生児集中治療室と共催で「赤ちゃん同窓会」を開催したり、糖尿病をもつ子どものサマーキャンプに参加しています。多くの学生のみなさんがボランティアとして活躍しています。

.

.

母性看護学・助産看護学

教員構成

嶋岡暢希・渡邊聡子・岩崎順子・幸﨑若菜・永井真寿美・西内舞里

領域紹介 母性看護学と助産看護学を主に担当しています。母性看護学は、あらゆる世代の女性が健やかに母性機能を発揮できるよう支援する実践科学です。講義や演習・実習では、母子(胎児)と家族が健康で安心して妊娠・出産・育児期を過ごせるように支援方法や技術を学んでいきます。また、これらの学びは、生命の尊厳や自己に存在する母性・父性、生き方を考える機会となっています。助産看護学の講義や演習・実習では、看護学や母性看護学で学習した知識・技術を基盤に、助産看護に必要な専門的知識と科学的・倫理的判断に基づく技術などを学んでいきます。また、生命を愛おしみ、性に向かい合え、女性の主体性を尊重できる人間性・創造性を培い、対象のより豊かな性の成長・発達への支援方法を学んでいきます。この助産看護学の授業や実習は助産コース専攻の学生さんが対象になります。これまで助産コースで学んだ学生さんは全員、卒業後に助産師として活躍しています。
活動内容 母性・助産看護学の講義や演習では、学生さんがわかりやすく学び、対象理解を深められるよう、ベビー人形や妊婦体験服などの多くのモデルを活用しています。特に助産看護の演習では、学生さんの診断・実践能力が実習で発揮できるよう、臨床場面を視野にいれた学習環境に努めています。また、臨床実習施設の指導者さんと連携し、実習における効果的な教育方法を検討しています。その他の活動として、母性・助産看護の質の向上のために、女性の出産体験、親性の発達や育児に関する研究、臨床や地域の看護職のみなさんとの事例検討会にも取り組んでいます。

.

.

地域看護学

教員構成

時長美希・小澤若菜・川本美香・畠山典子

領域紹介 地域看護学では、地域で暮らす人々の健康と生活を考え、課題に取り組みます。そのために、人々を個人として捉えるだけでなく、個人を取り囲み、影響を及ぼしあっている家族・集団・地域という幅広い視野から多角的に捉え、働きかけます。具体的には、(1)健康で質の高い生活の構築、(2)住民の主体的な健康づくり活動の発展、(3)健康なコミュニティ形成、を目的に、個人への援助方法や集団及び地域システムへの看護援助について学び、発展させることを目指しています。
活動内容 地域住民と共に取り組む健康な地域づくりについて、講義・演習・実習を通じ、理論や知識を基に実践できる力が身に付くように、教育方法の検討を重ねています。卒業研究では、「軽度発達障害のある児をもつ母親が育児幸福感を抱くきっかけ(平成25年度)」、「働く人の生活習慣病予防行動と必要因子の実態(平成25年度)」「介護予防活動支援事業に参加する高齢者のストレングス(平成26年度)」「子育てサークルに参加する母親が行う情報の判断(平成26年度)」などのテーマに取り組む学生を支援しています。また、県下の保健師の方々と共に事業検討会・勉強会・交流会・共同研究を実施しています。さらに、保健師のキャリアアップやスキルアップを目指して、高知県人材育成ガイドラインの作成・推進に協働して取り組んでいます。

.

.

在宅看護学

教員構成

森下安子・川上理子・小原弘子・竹中英利子

領域紹介 患者さんやご家族が安心して“家でその人らしく生活できる”よう支えるための援助について学んでいきます。在宅での生活を支えていくだけでなく、よりよい療養環境をつくるために、病院から家へと一貫した看護を継続していくことや途切れのない人の輪をつくっていくことを大切にしています。そのために、“病院-家”間でケアや関係者をつなぎ、橋渡しや調整をしていく専門のナース、在宅リエゾン看護師の育成を目指していきます。在宅リエゾン看護師は、今後、病院や地域社会での活躍が期待されています。
活動内容 在宅看護学領域では、在宅リエゾン看護師の育成に向けて、実習施設や関係組織との実践と教育の連携と協働を推し進めています。また、高知県の訪問看護ステーション連絡協議会や介護支援専門員連絡協議会とともに講演会を企画・運営するなど、実践の場やそこで働く専門職の方々との輪を築き、事例を通してともに学びを深めています。そのネットワークを活かして、実践に根ざした授業を展開し、高い実践能力の修得を目指しています。
<研究内容>
「地域・在宅協働型在宅移行支援システム」の開発とガイドラインの作成(平成23年~平成25年度 科学研究費補助金基盤研究C、研究代表者:森下安子) 訪問看護ステーショにおける災害時初期対応ガイドラインと教育プログラムの開発(平成26年~平成28年度 科学研究費補助金基盤研究C、研究代表者:森下安子 ) 在宅看取りを目指した地域・病院協働型在宅移行支援プログラムの開発(平成26年~平成28年度科学研究費補助金基盤研究C、研究代表者:川上理子) 訪問看護師と介護職との協働を促進する訪問看護師への教育プログラムの開発(平成25年~平成27年度科学研究費補助金基盤研究C、研究代表者:小原弘子) 医療ニーズの高い在宅療養者の家族の強みを支援する看護介入プログラムの開発(平成26年~平成28年度 科学研究費補助金基盤研究C、研究代表者:森下幸子)

.

.

災害看護学

教員構成

山田覚・神原咲子・木下真里

領域紹介 準備中です
活動内容 準備中です

.

.

総合看護学

教員構成

藤田佐和・森本悦子・庄司麻美・門田麻里

領域紹介 総合看護学では、これまで習得してきた知識・技能・態度・行為を統合し、専門性を深めていくことを目指しています。既存の知識や技術を統合し、エビデンスを確認して活用する能力や、患者に合わせた看護を提供する能力を培うことは、学士課程教育に求められている「想定外の事態に遭遇したときに、そこに存在する問題を発見し、それを解決するための道筋を見定める能力」の育成につながると考えます。学生さんは、講義や実習を通して統合する能力をつけていきます。
活動内容 4回生後期に行う看護実践能力開発実習では、臨床実践場面で想定される複雑な状況、これまでの実習では体験できなかった状況への対応が必要な事例を作成し、視覚的教材(DVD)を用いて既存の知識や技術の統合ができるよう工夫しています。また、がん看護論では、これまでの実習で多くの学生が受持ちを経験したことのあるがん患者への看護を通して、既習の学習内容を統合して、人間理解を基盤としての実践能力や倫理的判断能力を高めています。看護研究では、「バッドニュースを伝えることに関する看護実践」や「闘病意欲につながる動機」といった視点で、入院や外来での看護を探究しています。

.

.

学校保健

教員構成

池添志乃

領域紹介 いま、養護教諭に求められているのは、救急処置などの従来の役割とともに、ヘルスカウンセリングや学校内および地域の医療機関等との連携を行うことです。ヘルスカウンセリングを行うには、身体を看る力、心を看る力、発達段階を看る力など、複眼的にあらゆる視点から子どもたちをとらえることが重要です。他職種や地域との連携を行うにはコーディネーターの力が必要です。本学ではそれらの力を育み、専門的な知識や技術を身につけ、看護師、保健師の免許をもった養護教諭として、さまざまな健康レベルの子どもが生き生きとした学校生活を送ることができるよう、子どもや家族を支える養護教諭を目指しています。
活動内容 学校保健活動のなかでのご家族を含めた子どものもつ力を支えるかかわりや、慢性疾患などの病気をもつ子ども、医療的ケアが必要な子どもやご家族への養護教諭としての支援のあり方について研究しています。講義ではロールプレイや実技演習を取り入れて、既存の看護の知識や技術を基盤としながら、養護教諭の専門性や実践力の発達を支援していくことを目指しています。また養護教諭を目指す学生のみなさんは、地域の小学校の「開かれた学校づくり」の一環として児童への絵本の読み聞かせや保健指導などの活動に参加させていただき、さまざまな発達段階にある子どもたちとの関わりを通じて学びを深めています。

PAGE TOP