各課程についてCourse

HOME各課程について|共同災害看護学専攻[博士課程]|概要

共同災害看護学専攻 博士課程
豊かなそして高度な看護学の専門的知識をもち、学際的・国際的でグローバルな見識に基づいて災害看護学の深奥を究め、人間の安全保障の進展に寄与できる人材の育成を行います。本課程はわが国初の国公私立の大学院共同教育課程であり、高知県立大学が申請責任大学となり、兵庫県立大学、千葉大学、東京医科歯科大学、日本赤十字看護大学で構成されています。各大学をICTでつなぎ、5大学共通の授業や海外をはじめ、さまざまな場での演習科目を設けるとともに、海外でのフィールドワークや国際学会での研究発表などを積極的に推進しています。
5年以上在学し、修了要件を満たすと、博士(看護学)〔学位記には「Disaster Nursing Global Leader」を付記する〕の学位が授与されます。

高知県立大学 災害看護グローバルリーダー養成プログラム

PAGE TOP