各課程についてCourse

HOME各課程について|看護学専攻[博士後期課程]|概要

看護学専攻 博士後期課程
看護学の発展・深化に寄与する
高度な教育・研究・実践能力をもつ研究者に
看護学の学術基盤を発展させるために、看護学に関する学術と研究を国際的・学際的に推進し、看護学の発展・深化に寄与する高度な教育・研究・実践能力をもつ研究者・教育者の育成を行います。高度な研究能力の育成、看護学における新たな専門的知識の拡充や専門性の構築、研究的課題の探究を図るプログラムを設置し、多彩な研究手法に対応しています。
3年以上在学し、修了要件を満たすと、博士(看護学)の学位が授与されます。

以下のような、高度な看護実践職者の育成を目指しています

看護学の学術的な基盤を発展させるために、グローバルスタンダードで看護学の知識や技術を研究開発し、看護学にイノベーションをもたらす

最新の看護学の知識や技術、看護関連分野の知見等を活用し、人や社会に貢献するケアの開発に
取り組み、人々の安心な生活の実現やQOLの向上を推進していくことのできる

国内外の専門職と連携して、政策開発や意思決定に参加し、
健康医療福祉システムの構築や変革をもたらす

科学的・学際的な基盤を持って人々の健康生活や健康文化を創造することに寄与する、
次世代の高度実践看護者を養成する高等教育を担う

将来をグローバルに展望し、看護学の未来を拓く
 博士後期課程では、看護学の研究者としての基盤をより確かなものにするため、また、看護学に関する理論と研究の深奥を究めるための科目、さらに新たに看護学の発展を支える高度な学術的、学際的、国際的関連科目を博士後期課程の専門分野に共通するコア科目として学ぶことができます。

 さらに、専攻共通科目を礎に、新たな専門的知識の蓄積・精選・拡充などをはかり、特定の看護分野の専門性を構築する科目としての専攻専門科目として、小児看護学、がん看護学、精神看護学、家族看護学、地域看護学、看護病態生理学、看護経営管理学分野での専門的な知識、最新の知識と技術、理論と研究の関連を学ぶことができます。また、実践的課題や研究的課題を、理論的に、研究的に探究し、解決していく能力を養い、博士論文作成していくことができます。

 本研究科の教員は、社会の動きや保健医療のニーズを見据え、先駆的な取り組みを推進し、看護の質向上、看護学の発展に各専門領域でリーダシップを発揮しています。学術学会の理事、全国学会の開催などを行う教員、外部資金を獲得して研究推進、他大学との共同研究を行う教員など、国内外の学術の世界で活躍している教授陣を揃えています。また、各界のトップリーダーを非常勤講師として迎えています。

 このような博士後期課程で学び、看護学の未来をイノベーションしてみませんか。

PAGE TOP