各課程についてCourse

HOME各課程について看護学専攻[博士後期課程]|3つのポリシー

3つのポリシー - 看護学専攻[博士後期課程]

アドミッション・ポリシー 
[入学者受け入れ方針]

博士後期課程は、看護学の学術基盤を発展させるために看護学に関する学術と研究を国際的・学際的に推進し、その深奥を究め、創造的に自立して研究活動を行う高度な専門的能力を有する人材を育成します。
したがって、博士後期課程では、次のような人を求めています。
  • 豊かな人間性と倫理観をもち、人々の健康や社会に対して探究する力をもつ人
  • 看護学の専攻分野の深い知識および柔軟な発想力と創造力をもつ人
  • 看護学に関連する課題に関心をもち、課題解決に向けて研究を遂行する力をもつ人
  • 普遍性を追求し、看護学の発展に寄与する意志をもつ研究者・教育者を目指す人
  • 国際的、学際的見地から看護研究や看護学教育を通して社会に貢献したいと考えている人
入学者選抜の基本方針
博士後期課程の入学試験は、「英語」「小論文」の筆記試験を行い、口述試験と提出された研究計画書をもとに、以下の能力を総合的に評価します。

英語
英文の読解能力、設問の内容を的確に把握し解答する能力について評価します。
小論文
看護学の学術基盤や研究の発展に寄与する能力(看護の志向性を含む)と論理性、抽象的思考力、分析力、独創性について評価します。
専門科目
看護学の専門性、研究を進めていくために必要な能力について評価します。
面接
研究課題に対する知識、研究の意義、研究目的、研究方法、記述等について評価します。

.

ディプロマ・ポリシー 
[修了・学位授与に関する方針]

博士後期課程は、看護学の学術的基盤を発展させるために看護学に関する学術と研究を国際的・学際的に推進し、その深奥を究め、創造的に自立して研究活動を行う高度な専門的能力を養うことを目的とする。
  • 看護の学識者としての責務を果たし、看護学の発展の基盤となる普遍性を有する看護哲学を追求し続ける能力を有している。
  • 看護学の学術的な基盤を発展させるために、グローバルスタンダードで看護学の知識や技術を研究開発し、看護学にイノベーションをもたらす能力を有している。
  • 最新の看護学の知識や技術、看護関連分野の知見等を活用し、倫理的・文化的基盤を持って人や社会に貢献するケアの開発に取り組み、人々の安心な生活の実現やQOLの向上を推進していくことのできる能力を有している。
  • 看護学を発展させ新たな知見を創生する研究活動を行い、社会に向けて提言できる能力を有している。
  • 国内外の専門職と連携して、政策開発や意思決定に参加し、健康医療福祉システムの構築や変革をもたらす能力を有している。
  • 科学的・学際的な基盤を持って人々の健康生活や健康文化を創造することに寄与する、次世代の高度実践看護者を養成する高等教育を担う能力を有している。

.

カリキュラム・ポリシー 
[教育課程の編成方針]

博士後期課程では、看護学の学術的基盤を発展させるために看護学に関する学術と研究を国際的・学際的に推進し、その深奥を究め、創造的に自立して研究活動を行う高度な専門的能力を養うために、教育理念に基づき以下のようなカリキュラム(教育課程)を編成している。

≪構造・内容≫
  • カリキュラムを構成する科目群として、専攻共通科目、専攻専門科目および研究指導科目の科目群をおく。
  • 分野として、がん看護学、成人看護学、小児看護学、精神看護学、家族看護学、地域看護学、看護病態生理学、看護経営管理学等の分野をおく。
  • 専攻共通科目は、看護学の学術的基盤を発展させ高度な研究能力を育成するためにおく。
  • 専攻専門科目は、新たな専門的知識の蓄積・精選・拡充などをはかり、特定の看護分野の専門性を構築する科目としておく。
  • 研究指導科目は、研究課題を探究し、段階的に博士論文作成のプロセスを支持する科目としておく。
≪順序性≫
  • 専攻共通科目と専門性に応じて専攻専門科目を選択し、コースワークを踏まえて、3年間にわたり看護学特別研究を履修できるように編成している。
  • 博士論文作成に向けて、1年次には研究計画書の提出、2年次には中間報告会の開催、3年次には一次審査論文の提出を課し、博士論文を提出するように編成している。
≪教育方法≫
  • 後期課程のディプロマ・ポリシーに沿う能力を修得できるように、履修モデルに基づき履修指導を行い、コースワークの推進、博士論文作成指導、学位審査等の教育のプロセスを支援する。
  • 研究能力を高めるために、入学時より主指導教員および副指導教員をおき、複数指導教員体制で博士論文作成指導にあたる。
≪評価方法≫
  • 後期課程のディプロマ・ポリシーに沿った達成目標および成績評価の方法・基準を周知し、自己評価・授業評価、教員による評価を行う。修了時にはディプロマ・ポリシーに基づく評価、博士課程で修得すべき能力の評価等(最終試験)を行う。
  • 博士論文は、主指導教員および副指導教員による研究計画書審査、倫理審査、中間報告会、公聴会を経て、博士論文審査基準に基づき学位審査委員会において審査を行う。

PAGE TOP