ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域連携 > 地域連携トピックス > 地域教育研究センター > 【公開講座】[開催報告]高知県立大学高校生のための公開講座「環境を化学的視点から捉える実験講座」(報告)

【公開講座】[開催報告]高知県立大学高校生のための公開講座「環境を化学的視点から捉える実験講座」(報告)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月22日更新

第3回講座「水質の指標としての溶存酸素」を開催しました

2月17日(土)永国寺キャンパスにて、県内の高校1、2年生を対象に「環境を化学的視点から捉える実験講座」第3回講座「水質の指標としての溶存酸素」を開催しました。

この公開講座は、化学実験への関心を高めること、大学での教育・研究に触れ、学問に対する興味・関心を深め、学びの楽しさについて知っていただくことを目的に企画したもので、今回を含め今年度は3回実施(3回すべて地域教育研究センター ・一色健司教授が講師を担当)し、簡易な操作による化学実験から、やや高度な化学実験までを実施しています。結果に対して環境科学的な視点も入れて考察することにより、それらのおもしろさを体験していただけるような化学実験講座となっております。

今回参加いただいた高校生には「水質調査のしくみなどを聞けてすごくためになった。」、「溶存酸素濃度を求めるという普段あまり機会のない実験ができてよかった」などの感想をいただきました。


当日の様子
実験の様子 一色先生 実験の様子2

第2回講座「水質簡易分析法はどの程度正確か?」を開催しました

2月10日(土)永国寺キャンパスにて、県内の高校1、2年生を対象に「環境を化学的視点から捉える実験講座」第2回講座「水質簡易分析法はどの程度正確か?」を開催しました。

この公開講座は、化学実験への関心を高めること、大学での教育・研究に触れ、学問に対する興味・関心を深め、学びの楽しさについて知っていただくことを目的に企画したもので、今回を含め今年度は3回実施(3回すべて地域教育研究センター ・一色健司教授が講師を担当)し、簡易な操作による化学実験から、やや高度な化学実験までを実施しています。結果に対して環境科学的な視点も入れて考察することにより、それらのおもしろさを体験していただけるような化学実験講座となっております。

今回参加いただいた高校生には「難しかったけれど、最後に完成して良かった。」、「学校の授業では使うことのない道具や機械を使って実験することができ良い経験になった。」などの感想をいただきました。


当日の様子
一色先生 一色先生2 実験の様子

第1回講座「マイクロスケール化学実験入門」を開催しました

12月23日(土)永国寺キャンパスにて、県内の高校1、2年生を対象に「環境を化学的視点から捉える実験講座」第1回講座「マイクロスケール化学実験入門」を開催しました。

この公開講座は、化学実験への関心を高めること、大学での教育・研究に触れ、学問に対する興味・関心を深め、学びの楽しさについて知っていただくことを目的に企画したもので、今回を含め今年度は3回実施(3回すべて地域教育研究センター ・一色健司教授が講師を担当)し、簡易な操作による化学実験から、やや高度な化学実験までを実施しています。結果に対して環境科学的な視点も入れて考察することにより、それらのおもしろさを体験していただけるような化学実験講座となっております。

第1回講座「マイクロスケール化学実験入門」に参加いただいた高校生には「実験が好きなので楽しんでやれた。」、「学校で簡易的にしかやれなかった実験がしっかりできてよかった。」などの感想をいただきました。


当日の様子
一色先生 実験の様子1 実験の様子2