ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域連携 > 地域連携トピックス >

県立大の生涯学習
> 県立大の生涯学習 > 公開講座 > 第35回 本山町・高知県立大学・高知短期大学公開講座(報告)

第35回 本山町・高知県立大学・高知短期大学公開講座(報告)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月11日更新
夜学2018

第1回講座「土佐ことば再発見!!-正調土佐弁は今-」及び開講式が開催されました

平成30年5月31日(木曜日)本山町プラチナセンターにて、開講式及び第1回講座「土佐ことば再発見!!-正調土佐弁は今-」(文化学部:橋尾 直和 教授)が行われました。

開講式での、本山町教育委員会 高橋 清人教育長、高知県立大学地域教育研究センター 清原 泰治センター長による挨拶に引き続き講演が行われ、参加いただいた方には「子どものころ何気なく使っていた方言が、50年ぶりに思いだされた。エンコウ祭りについても、初めて知りました。」、「先生のことを存じあげずに参加しました。過去に土佐弁のドラマなどはたくさんありましたが、私は先生が監修をしたというドラマの土佐弁、特に龍馬のものいいが一番上手だと思っていました。橋尾先生の技だったんですね。感動です。」などの感想をいただきました。

当日の様子

高橋教育長 清原センター長

橋尾先生1 橋尾先生2