• HOME
  • ごあいさつ

ごあいさつ

 がんは、わが国の死因第一位の疾患であり、国民の生命及び健康にとって重大な問題となっている現状から、「がん対策基本法」が制定されました。この基本法の中で、手術・放射線療法・化学療法その他のがん医療に携わる専門的な知識・技能を有する医師その他の医療従事者の育成が求められていることから、文部科学省では複数の大学がそれぞれの、個性や特色・得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための教育拠点を構築することを目的として、平成19年より「がんプロフェッショナル養成プラン」を、平成24年度から「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を実施しており、全国で15拠点が選定されています。
 高知県立大学は、中国・四国広域がんプロコンソーシアムに参加し、がん看護専門看護師養成WGの幹事校として活動しています。最初の5年間は、岡山大学、徳島大学とともに、3つの活動テーマ、①がん看護専門看護師養成、②がん看護専門看護師の存在とそのエキスパートネスの理解促進、③がん看護の質向上への貢献、をかかげ取り組んできました。この5年間の活動を通して、コンソーシアム内のがん看護専門看護師養成の教育課程が整備され、中国・四国の看護職の進学の機会を増やし、チーム医療を推進していくがん看護専門看護師の地域への貢献を期待できる体制が整いました。また、当初は、専門看護師について、同職種にも他職種にもその存在や役割機能、実践にもたらす変化などはほとんど認知、理解されていませんでした。しかし、インテンシブコースの講演会、広報活動等を通して、存在意義や専門性、活動内容は理解されてきており、着実に成果を上げてきました。さらに、これまで点在していた各施設のがん医療に携わる人々がつながり、がん医療・がん看護の質向上、均てん化への貢献体制が整備されてきたと実感しています。
 平成24年度からは、新たに「中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム」が採択され、がん看護専門看護師WGは、がん高度実践看護師WGと名称変更し、広島大学と山口大学が加わり5大学院でスタートしました。各大学においては、大学の特徴を踏まえた取り組みやeラーニングの活用、FDなどを通じて教育基盤の共有化を図りながら、中国・四国の多職種によるがんプロ学生が一堂に会し、チーム医療合同演習を行うなど豊かな教育体制を整えています。高知県立大学は幹事校として、がん高度実践看護師の養成をはじめ、インテンシブコースⅠ、インテンシブコースⅡを企画し、看護職の看護実践能力の向上を目指し教育活動に取り組んでいきます。

 中国・四国のチーム医療を担うがん高度実践看護師の育成やがん医療・がん看護の質向上に取り組んでいきますので、本プログラムへのご支援とご鞭燵を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

がん高度実践看護師WG幹事校
高知県立大学大学院看護学研究科
藤田 佐和
▲ページのトップへ