• HOME
  • がん高度実践看護師(APN)養成コース

がん高度実践看護師(APN)養成コース

 中国・四国のコンソーシアムを作り、それぞれの大学院において高度実践看護師養成のためのプログラムを整備し、地域のがん診療連携拠点病院と連携して、中国・四国全地域に高度実践看護師を送り出す取り組みです。

がん高度実践看護師教育課程

 日本看護系大学協議会によって、1998年に専門看護師教育課程の認定制度が発足され18年が経過しています。平成28年4月現在、特定されている専門看護分野は、がん看護をはじめ11分野あり、認定されている高度実践看護師教育課程は105大学院288課程です。そのうち、がん看護の教育課程は73課程あります。

<高度実践看護師の教育理念>

 高度実践看護師は、対象のクオリティ・オブ・ライフの向上を目的として、個人、家族、および集団に対して、ケアとキュアの統合による高度な看護学の知識・技術を駆使して、疾病の予防及び治療・療養・生活過程の全般を統合・管理し、卓越した看護ケアを提供する者である。その役割は、専門性を基盤とした高度な実践、看護職を含むケア提供者に対する教育や相談、研究、保健医療福祉チーム内の調整、倫理的課題の調整である。また総合的な判断力と組織的な問題解決力を持って専門領域における新しい課題に挑戦し、現場のみならず教育や政策への課題にも反映できる開発的役割がとれる変革推進者として機能する。以上のような人材を育成する。

日本看護系大学協議会HPより

<高度実践看護師の共通目的(共通能力水準)>

 高度実践看護師は、ある特定の看護分野において「ケアとキュアを統合した高度な看護実践能力」を有することを認定される看護職者である。
高度実践看護師は、それぞれの専門看護分野において次のような役割を果たす。

1)専門看護分野において、個人・家族または集団に対してケアとキュアを統合した高度な看護を実践する(実践)。
2)専門看護分野において、看護職者に対しケアを向上させるため教育的機能を果たす(教育)。
3)専門看護分野において、看護職者を含むケア提供者に対してコンサルテーションを行う(相談)。
4)専門看護分野において、必要なケアが円滑に提供されるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う(調整)。
5)専門看護分野において、専門知識・技術の向上や開発を図るために実践の場における研究活動を行う(研究)。
6)専門看護分野において、倫理的な問題・葛藤について関係者間での倫理的調整を行う(倫理)。

日本看護系大学協議会HPより

中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム参加大学

 中国・四国高度がんプロ養成基盤プログラム参加大学では、がん高度実践看護師(APN)コースを設置し、がん高度実践看護師の育成をしています。がんプロ参加10大学の教員と大学院生が一堂に会し、チーム医療合同演習を行ったり、5大学院がん看護セミナー(リンパ浮腫セミナーなど)を開催し積極的に取り組んでいます。がん看護に取り組みたい方、学びたい方などお問い合わせください。

高知県立大学の状況

 高知県立大学は、専門看護師教育課程の認定制度が開始された1998年より、がん看護専門看護師教育課程を開設し、がん看護専門看護師の育成に取り組んできました。2012年には、新課程の38単位専門看護師教育課程に申請し、がん高度実践看護師養成を目指しています。看護教育の歴史と伝統を礎に新たな教育課程を創造し、挑戦している高知県立大学で、がん高度実践看護師を目指してみませんか。

  • 教育コースのご案内
  • 教育コースのご案内
  • 教育コースのご案内

がん看護専門看護師認定のプロセス

 がん看護専門看護師になるためには、日本看護系大学協議会が教育課程を認定している看護系大学院修士課程修了者で、臨床経験が5年以上あり、うち3年以上はがん看護分野の経験が必要です。日本看護協会が毎年1回、専門看護師認定審査を実施しており、審査に合格し、登録手続きをした方を専門看護師として認定しています(資格の有効期間は5年間)。

専門看護師認定者の状況

 2015年12月末日現在、全国で活躍されている専門看護師は1678名で、がん看護専門看護師は656名(39.1%)を占めています。高知県立大学は、これまで9領域88名の専門看護師を輩出しています。がん看護学領域修了生は35名で、全国各地で活躍しています。

領域 人数
がん看護 35
家族支援 9
慢性疾患看護 2
精神看護 17
地域看護 2
老人看護 3
小児看護 14
在宅看護 5
急性・重症患者看護 1
▲ページのトップへ