>>ホーム >>ニュース

ニュース

活動報告

「がんゲノム医療についての取り組み」


がん遺伝子検査が保険診療でも実施できるようになり、がんゲノム医療の体制も整いつつあります。高知医療センターも「がんゲノム医療連携病院」として登録され、がん遺伝子パネル検査を実施することが可能になりました。
しかし、がん遺伝子パネル検査を保険診療で行う場合は条件もあり、誰もが検査を受けられるわけではありません。また実際に検査を受けても、検査の結果遺伝子変異が見つからない場合もあります。また遺伝子変異があっても使用できる薬剤がなく、実際に自分に合う薬の使用に結び付くのは臨床試験も含み10%以下ともいわれています。さらに、本来の目的とは別に、がんになりやすい遺伝子をもっていることがわかる場合があり、新たな心配事を抱えなければならない問題も秘めています。そのため、もともと調べたいがんのこと以外は結果を聞かないという選択肢もあります。
患者さんにはしっかりとがんゲノム医療について情報を提供し、検査を受けるメリットやデメリットを理解した上で検査を受けていただくことが必要です。がんゲノム医療はまだ刻々その状況が変化している段階です。そんな中で患者さんをしっかり支援できるようにただいま勉強中です。
 
高知医療センター がん看護専門看護師 池田久乃