ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

研修概要と目的

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月7日更新

研修概要と目的

概要

この研修では、高知県立大学の看護、社会福祉、健康栄養の3学部の教員が協働して訪問看護師の育成にあたります。大学での講義や演習に、受講者が所属する訪問看護ステーションでのOjt研修(現場で働きながら業務訓練をする)を組み合わせた研修で、修了後もフォローアップを行っています。

訪問看護を始めて1~2年目までの方、看護師等養成施設を卒業されて初めて訪問看護に従事する方、看護経験にブランクがある方など、訪問看護師を目指す方を対象にしており、受講者のこれまでの看護経験や職場での知識・経験などの習得状況に応じて進めていきます。

受講されるコースによって、中山間枠(6ヶ月)、新卒枠(1年間)、全域枠(3ヶ月)のプログラムがあります。新たに、中山間枠には「新任2年目コース」、全域枠には前後期を通して受講できる「通年コース」を追加することにより受講しやすくなりました。

Point1 少人数で学べます!
Point2 受講者の経験と習得状況に応じた個別プログラムです!
Point3 高機能シミュレーターを用いて、訪問現場を再現した環境での演習が可能です!
Point4 2名の専任教員が継続的にサポートします! 

修了時に身につく力

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)