文化学部の学び方LEARM

地域文化創造系観光文化・観光まちづくり領域

小長谷悠紀

小長谷悠紀KONAGAYA, Yuki

役職
教授
専門分野
観光学・観光文化研究・都市持続再生
研究テーマ
観光地の形成過程、都市や街区の魅力・生存力としての寛容性、外来者に優しいまちづくり
主な担当科目
観光学総論、観光産業論、観光まちづくり論、
観光まちづくりフィールドスタディⅠ

MESSAGE

 グローバル。旅行をする人、特にTourism for pleasureとしての観光旅行をする人が増え、およそ世界中の国や地域で旅行者の影響に関心を寄せずにはいられなくなった時代に、私たちは生きています。観光学とは、そのような時代・社会をふまえ、関連する研究を集めて積み上げていこうと枠づけられた学問領域です。旅行で移動する人々やその影響、それらと関わりの強いものや出来事を対象とする研究群です。
 私自身は、観光が生じている場所での物事の展開やしくみに興味があります。例えば、過去にあまり旅行者が来なかった所に新たな価値づけにより遠くからも観光に来る人が増えたらどのような変化につながるかとか、他所から来た人に優しいまちを作るにはどのような方法があるか。そんな研究をしています。
 いつもの自分のまちから出かけて行き、未知のあれこれを見聞する。観光は、人間が見つけた、とても豊かな行為です。今後、各地での諍いや経済的な困難の緩和を経て、今よりもさらに大勢の人が旅行者になれる世界に向かえればとも思います。ですから、それまでに、世界中の地域社会が無理なくより柔軟に来訪者を迎えるノウハウを蓄積したいのです。
 一緒に考えてくださる学生諸君、待っています。

三浦要一

三浦要一MIURA, Yoichi

役職
教授(学部長)
専門分野
日本建築史・都市史
研究テーマ
歴史的建造物の保護と活用、伝統的集落・町並みの保存と
生活空間計画、日本の都市空間に関する住居史的・都市史的研究
主な担当科目
住文化論、景観文化論、観光文化フィールドスタディⅠ、
観光文化フィールドスタディⅡ、観光フィールド専門演習Ⅰ、
観光フィールド専門演習Ⅱ、観光まちづくり論Ⅱ、観光産業専門演習、観光企画専門演習、観光文化論Ⅰ

MESSAGE

 日本建築史・都市史を専攻し、文化財建造物の調査研究を主におこなっています。
 寺院建築は近代の文化財修理をテーマに、国宝の豊楽寺薬師堂(大豊町)、重要文化財の竹林寺本堂(高知市)と国分寺金堂(南国市)を調査し、竹林寺客殿【高知県保護有形文化財】の重要文化財指定をめざす共同研究に参加しています。近代建築では、登録有形文化財に登録された奈半利町内の住宅や近代化遺産、安田町内の旧市川医院と旧柏原家住宅の調査を担当しました。室戸市吉良川町伝統的建造物群保存地区の町並み修復、四万十川流域の文化的景観、佐川町の歴史的風致維持向上計画に関わり、植木枝盛旧邸書斎を高知市立自由民権記念館へ移築・復原する調査研究を実施しました。いずれも文化財建造物に関するものではありますが、次代へ伝えるための意義ある研究であり、それを「文化」と考えています。
 現在、「お城下の県大」という地の利を得て、高知城の城郭建築の復元、城下町の近代化などのフィールド調査を実施し、歴史的都市空間を活かしたまちづくりに関する研究を構想しており、これも「文化」と考えています。学生には、歴史ある建物の見方と調べ方を学び、建物を通してその時代が理解できるようになり、名建築を活かしたまちづくりのアイデアが浮かぶようになって欲しいと考えています。

飯高伸五

飯高伸五IITAKA, Shingo

役職
准教授
専門分野
文化人類学・民俗学・観光文化論
研究テーマ
植民地主義と文化、移民と文化、観光と文化復興。とくにオセアニアのミクロネシア地域における植民地状況下の文化、
沖縄移民の文化的創造性などに関する調査研究を実施
主な担当科目
文化人類学、民俗学、観光文化論Ⅰ、観光文化論Ⅱ、
観光文化フィールドスタディⅠ、観光文化フィールドスタディⅡ、
観光フィールド専門演習Ⅰ、観光フィールド専門演習Ⅱ、
観光産業専門演習、観光企画専門演習

MESSAGE

 私は文化人類学を専門として、オセアニア島嶼地域とくにミクロネシアのパラオ共和国でフィールドワークをしています。文化人類学のおもしろさは、人間文化の多様性と普遍性について、書物を通じて学ぶだけでなく、フィールドで出会う具体的な現場から、自分のアタマとカラダを同時に使って考えていくところにあります。文化人類学の現地調査を本格的に実施する場合、最低でも1年以上の長期間にわたり現地滞在することが通常です。私も大学院生時代に、長期間フィールドに滞在し、現地社会の人々と生活をともにしながら調査をしました。調べたことも発見に満ちていましたが、同時に異文化のなかで生活したこと自体が大きな財産となって、こんにち「楽しい生活」が日々送れているように思われます。
 文化学部では、文化人類学や民俗学といった基礎的科目のほか、その応用領域として観光文化の学びに関わる科目を担当しています。人間の文化的営みとしての観光について、日常生活ではあまり考えたことがないかもしれませんが、実は非常に奥が深く、おもしろい研究対象です。経験的な事実から文化や観光現象について学んでいくことは、非常に興味深く、学び甲斐があります。学生のみなさんには、是非アクティブに現場から学んでいってもらいたいと思います。

梶原太一

梶原太一KAJIWARA, Taichi

役職
准教授
専門分野
企業の分析と評価
研究テーマ
投資利益率(ROI)の多様な計算方法、人間の計数能力形成と発達に関する歴史・制度的研究
主な担当科目
ビジネスリテラシー、キャリアデザイン論、キャリア形成論、
観光企画論、NPO論、観光まちづくりフィールドスタディⅡ、
観光フィールド専門演習Ⅱ、観光産業専門演習

MESSAGE

 学生時代から、企業とは何か、という企業観に興味を持っていました。当時、国内外で大規模な企業不祥事や会社法制の改革があり、企業の統治や所有者の位置づけ、情報開示のあり方に関する議論が盛んになされていたからです。自分なりの企業観を模索する中で、企業は金額として測定可能な資金や目に見える資源だけを社会から調達しているのではなく、目には見えないけれど無形の期待のようなものも社会から集めて成立している存在であると考えるようになりました。
 その後、ものごとを数量化して認識するという人間の計数把握能力の形成へと関心を深め、現在は、資源の提供者が期待する「投資の見返り(return on investment)」を数量化する方法とその多様性について考察しています。とりわけ、米国に留学した折に、金銭的利益の獲得を期待する投資ではなく社会的な利益や環境的な利益などの非金銭的な「見返り」を期待する投資家の潮流と、それらの投資の「期待」を抱きとめようとする様々な形態の企業や組織における調達活動の勃興とに魅入られ、日本に帰国後も引き続き、その両者の関係を追っているところです。
 これらの研究と並行して、小さな非営利投資ファンドを立ち上げ、より良いお金の使いみちを高知の草の根から作り出す方法も模索してきました。この実践で得られた「見返り」は授業でお伝えします。

吉川孝

吉川孝YOSHIKAWA, Takashi

役職
准教授
専門分野
哲学・倫理学
研究テーマ
現象学派の実践哲学
主な担当科目
文化哲学、公共哲学、観光フィールド専門演習Ⅰ、
観光フィールド専門演習Ⅱ、観光産業専門演習、観光企画専門演習

MESSAGE

 古代ギリシアでは、ソクラテスが散歩がてら、道行く人をつかまえて、「愛とは何か」「正義とは何か」と問いかけました (哲学の原型)。弟子のプラトンは、こうした対話の場面を制度化してアカデメイアという学校をつくりました(大学の原型)。現代でも、大学で哲学をすることは、実社会から一歩身を引いて、人間や世界の意味を考えることでありつづけています。 現実から距離をとるからこそ見えてくるもの、言えることがあるはずです。

 大切なのは、過去の哲学者の考えを学びながらも、その考えを自分なりに吟味することです。とるにたらないことであれ、自分の考えだからこそ価値があります。しかし、その考えは、他人の批判に耐えうるものでなければなりません。より優れた 他人の考えを前にするならば、自分の考えはいつでも撤回すべきです。存在、価値、知識、時間、空間、心、身体、言葉、記号、自然、歴史、社会、感情、善悪、幸福、生と死、愛、自我、他者、自由、神、正義などのテーマをめぐり、思索と対話を積み重ねること、それが哲学です。

 皆さんも大学に入って、現実から一歩だけ引きこもって、深く考えてみましょう。

PAGE TOP