その他の取組み

チーム医療合同演習

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム 第7回チーム医療合同演習に参加しました

第7回チーム医療合同演習が平成27年8月21日(金)・22日(土)に高松センタービルで開催されました。第7回のテーマは「臨床試験」であり、37名のがんプロ大学院生(医師27名、看護師1名、薬剤師2名、医学物理士5名、管理栄養士2名)とファシリテーター(教員)16名、そして、今年もミャンマーからの研修生である医師1名が参加しました。高知県立大学大学院からは、2回生の鶴石多恵子さんが参加しました。
チーム医療の中で臨床試験を行うために、ワークショップ①では、臨床試験のプロトコル作成(CRF作成を中心に)について、ワークショップ②では、臨床試験の実際について多職種グループで討議し発表しました。グループ間での意見交換を通してプロトコル作成、臨床試験の実際について理解を深め、実践につなげて考えることができました。ワークショップにおいて、多職種で専門的知識を統合しながら討議を深めることで、各職種の役割や考え方を学ぶことができました。また、チーム医療の中で臨床試験を安全かつ確実に実施していくために、看護師としての役割を見出すことができ、有意義な演習となりました。2日間の演習では、参加したがんプロ大学院生と教員間の交流を深める機会にもなりました。
  • ワークショップの様子
  • 【ワークショップの様子】
  • 高知県立大学大学院の鶴石さん
  • 【高知県立大学大学院の鶴石さん】

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム第7回チーム医療合同演習プログラム

■1日目 平成27年8月21日(金) 18:00~19:00 
<講演会>
演題Ⅰ:「臨床試験とCRC業務について」
講 師:神戸市立医療センター中央市民病院
治験・臨床試験管理センター 玉木 理衣 先生
演題Ⅱ:「医師主導で行う臨床試験について」
講 師:済生会福岡総合病院
    外科部長兼がん化学療法部長 江見 泰徳 先生

■2日目 平成27年8月22日(土)8:30~12:00
<ワークショップ>
ワークショップⅠ 臨床試験 ①臨床試験のプロトコル作成‐CRF作成を中心に-(80分)
ワークショップⅡ 臨床試験 ②臨床試験の実際(80分)
〒781-8515 高知市池2751番地1
高知県立大学大学院看護学研究科
© がん高度実践看護師養成コース 全人的医療を行う高度がん専門医療人養成 .All Rights Reserved.

PAGE TOP