ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高知県立大学宇和島支援プロジェクト > 活動情報 > 活動報告 > だんだんカフェ まちの保健室 第5回活動報告

だんだんカフェ まちの保健室 第5回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月24日更新

 平成30年11月24日(土)に第5回目のだんだんカフェを宇和島市吉田公民館で開催しました。今回は3連休の中日ということもあり、開始時は参加者が少なかったものの、途中から中学生や親子での参加もあって、合計21人の参加となりました。

 だんだんカフェでは健康に関する相談や血圧や握力、体重などの測定を行いながら、皆様の日々の生活状況を伺い、年末や年始の過ごし方について話をしました。また、特別企画として宇和島市社会福祉協議会の方から地域ささえあいセンターの活動について説明をいただきました。お話のなかで、生活している中での困りごとの相談や被災した方向けの生活再建に必要な情報提供などを行っているということを知ることができました。そして、お話の後には、スタッフと参加者が円になり手遊びやお手玉、童謡のカルタなどを楽しみ、頭も身体も動かして大変すっきりしました。

 また、宇和島市立吉田病院から3名の看護師がお手伝いとして参加いただき、住民の方々と地域の共通の話題を通して話が盛り上がっている様子を見て、地域のことをよく理解した病院や看護職がいることの大切さを感じることが出来ました。そして、看護師の皆様からは、「病院でお会いする表情とは変わり、地域での様子も知れて良かった」というお声もいただきました。

 今後も各回に特別企画を設け、12月22日にはクリスマス会も企画しております。少しずつ、寒さが増していますが12月、1月もスタッフ一同、皆様とお会いできますことを楽しみにしております。今後も、多くの皆様が気軽に立ち寄れる場となりますよう努めていきたいと思います。

 報告者:佐々木 康介

だんだんカフェ第5回報告
だんだんカフェ第5回報告