ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高知県立大学宇和島支援プロジェクト > 活動情報 > 活動報告 > だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告

だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月22日更新

 12月22日(土)に第7回目となるだんだんカフェを愛媛県宇和島市吉田公民館で開催しました。今回は、いつもの健康チェックや健康に関する講話に加えて、クリスマス会も企画しました。前日から雨でしたが当日は雨もやみ、たくさんの方々に来ていただきました。

 続けて参加してくださっている方も、初めての方も、世間話をしたり、血圧を測りながら体調や健康に関することをお話したり、時折、子どもたちの声が響くのもまたにぎやかで、楽しい時間となりました。

 今回の健康講話は、『「口から食べる!」にかかせないお口のケア』というテーマで、愛媛県立医療技術大学の先生に実施していただきました。講話に加え、飲み込みの動画を見ながら顔のマッサージや声を出しながら、お口の体操もしました。お口の機能や飲み込む力を維持することで、年齢を重ねても自分の口からおいしく食べることができ、健康につながります。顔の体操は、顔のしわの予防にもなるということで、スタッフもいつになく真剣に取り組みました!

 後半のクリスマス会では、子どもたちがデコレーションした、クリームとイチゴがたっぷりのケーキを、大人も子どもも笑顔でほおばりました。また、スタッフからの歌のプレゼント、参加者全員での合唱、ビンゴ大会も行い、いつもにも増して笑顔のあふれる時となりました。

 宇和島の皆さんとお話をしていると、7月の豪雨の影響が皆さんの生活にまだまだ影響していると感じます。だんだんカフェでのひと時が、皆さんの健康と笑顔の手助けになるよう、これからも企画を考えていきたいと思います。

 尚、だんだんカフェと同時に開催いたしましたクリスマス会につきましては、公益財団法人 大和証券福祉財団より助成金をいただき開催いたしました。

  報告者 伏見 木綿子

だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告
だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告
だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告
だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告
だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告
だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告
だんだんカフェ まちの保健室 第7回活動報告