ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学内組織 > 学生・就職支援課 > 平成25年度(2013年度)留学報告2 (文藻外語大学)

平成25年度(2013年度)留学報告2 (文藻外語大学)


留学(研修)レポート

文藻外語大学留学中間報告

文化学部文化学科 二回生 橋谷 祐紀

 私は、2013年9月から台湾の文藻外語大学に留学しました。1月10日で前期が終了したので中間報告をいたします。
 まずは、勉強についてです。毎朝、華語中心(中国語センター)という場所で、私の場合は朝8時10分から2時間中国語の授業を受けました。華語中心も寮も学校の敷地内にあるので、朝起きて寮のすぐ外で売っている朝ごはんを買って、教室に向かうことが多かったです。私のクラスには日本人のほかにアメリカ人、韓国人、マレーシア人、フランス人、ブラジル人、イタリア人がいて、大学生や高校生そして社会人もいて年齢はさまざまでした。学ぶ中国語の内容は日常生活で使えるようなものが中心でしたが、受講生がそれぞれの母国の様子なども教え合ったりして教科書以外のこともたくさん知ることができたと思います。教科書の中国語は比較的簡単でしたが、先生の話している雑談を理解することが難しかったです。そういった場面では、クラスメイトは英語が共通して話せるので説明しあっていましたが、私は英語に苦手意識があったので一人だけ笑いについていけないことがあり残念でした。その分、個人的に先生に質問しました。さらに、登録をすれば「小老師(小さい先生)」という中国語を教えてくれる学生と個人的に中国語の勉強ができます。 その他に、日本語で行われている授業を4つ取りました。日本人なのに日本語の授業ばかり受けていていいのかと悩みましたが、知的好奇心をくすぐられるような授業ばかりでした。た。その中のひとつである「從平面媒介看日本大衆文化」という授業では日本の漫画について学びました。日本の漫画が台湾で人気があること、そして台湾にオタクがたくさんいることに驚きました。オタクの人ほど日本語が上手だと感じました。図書館にもよく通いました。文藻は外語大学なので図書館にはさまざまな言語の本が揃えてあり、DVDを自由に観賞できるエリアや、少人数で話し合いができる小部屋などもあります。中庭もきれいで勉強机も多いので、気分転換したいときやストレス発散をしたいときにたびたび訪れました。
 このように勉強をしてきましたが、私の中国語のレベルはまだまだ低いです。寮のルームメイトとは主に英語で会話をしています。しかし、その英語も留学当初には全く使うことができませんでした。言いたいことも言えず、相手が話していることも理解できないのは精神的に追いつめられます。さらに、台湾の食べ物の味に慣れるのに時間がかかり体調不良にもなってしまいましたが、友人との関わり合いによって海外生活を楽しめるようになりました。台湾の文化は日本のそれと違って空気を読むということをあまりしません。雰囲気や曖昧な言葉で自分の意思を示してみても、台湾人は気づきません。すなわち台湾人は思ったことをストレートに言うので、相手の機嫌をうかがうことや必要以上の詮索もしません。例えば、私が頼みごとをした時、もう十分だという意味を込めて「ありがとう」や「助かりました」のようなお礼を言っても、台湾人は喜んでいることだけ理解してさらに手伝ってくれます。こういうところが台湾人の微笑ましいところだと思いました。
 最後に、独特な台湾の食についてです。台湾は持ち帰ることのできる飲食店が多く、価格が安いので一人暮らしの家には台所が必要ないほど外食が盛んです。寮に住んでいる私たちもほとんど毎食外食します。私が現地の料理を食べてみた感想は、日本食より油分が多く独特な香りを感じました。そして生野菜を食べる機会が少ないです。私は、油分が多い食事を続けたことにより、食欲が失せてしまった時期がありました。体調を崩すこともありました。満足に食事ができなかった時に、日本食のおいしさと安全性を痛感しました。今では、味に慣れてきたため楽しく食事ができています。台湾には変わった食べ物がたくさんあります。特に鍋の具材でよく見かけます。例えば、猪血(ジュウシエ)という豚の血ともち米を蒸して作った黒い食べ物です。味はおいしいのですが、材料のことを考えると飲み込むのに勇気がいります。そのほかにも正体がわからないものがたくさん入っています。台湾で鍋は冬だけでなく年中食べるので、食べているうちにこの味にも慣れました。私が好きな食べ物は、あるお店の酸辣湯(サンラータン)と、紅豆豆花(ホンドウドウホァ)です。紅豆豆花は、大豆からできているのでヘルシーで、豆花の上に乗っている小豆の甘さは日本のものと似ていて安心する味です。今後も、体調に気をつけながらできるだけ多くの食べ物に挑戦したいと思います。  私の残り半年の目標は、友人とより深い内容の会話ができるように中国語を上達させることです。文藻の学習意欲が高い環境の中で、自分も勉学に励みたいと思います。

研修レポートの画像 研修レポートの画像

左は、学校祭で日本人留学生がパフォーマンスをしたときの写真です。 右の写真は、学生寮です。