ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学院入試情報 > 大学院入試情報メニュー > 出願資格 > 出願資格/人間生活学研究科人間生活学専攻(博士前期課程)

出願資格/人間生活学研究科人間生活学専攻(博士前期課程)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

出願資格

出願資格は、次の各号のいずれかに該当する者とします。
ただし、栄養・領域教育コース又は英語・領域教育コースの志願者は、1~6のいずれかに該当する者で、取得しようとする免許状に該当する一種免許状を有する者及び
入学前月にあたる3月31日までに取得見込みの者とします。

  1. 大学を卒業した者及び入学前月にあたる3月までに卒業見込みの者
  2. 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構から、学士の学位を授与された者及び入学前月にあたる3月までに学士の学位を授与される見込みの者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び入学前月にあたる3月までに修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び入学前月にあたる3月までに修了見込みの者
  5. 我が国において外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び入学前月にあたる3月までに修了見込みの者
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者及び入学前月にあたる3月までに修了見込みの者
  7. 本大学院研究科において、出願資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、入学前月にあたる3月31日までに22歳に達するもの事前審査が必要です。本研究科が定める所定の手続きをとってください。

出願区分

出願区分には、一般、社会人、外国人留学生、学内推薦の4区分があります。

  1. 一般として出願できる者は、出願資格1~7のいずれかに該当する者とします。
  2. 社会人として出願できる者は、出願資格1~7のいずれかに該当し、企業、官公庁、教育機関、研究機関及びその他各種団体等での在職経験を有するまたは社会活動経験のある者で、かつ、志願者や志願者の研究テーマに関して理解している個人(本研究科の専任教員は除く。)が推薦するものとします。
    ただし、出願する年度に開催する大学院入試説明会に出席した者に限ります。大学院入試説明会の開催日時は本学ホームページで確認してください。
  3. 外国人留学生として出願できる者は、出願資格1~7のいずれかに該当し、日本の国籍及び日本における永住資格を有しない者で、かつ、(財)日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験(N2又は2級)」に合格したもの、又はそれに準ずる証明書を提出できるものとします。
  4. 学内推薦として出願できる者は、高知県立大学若しくは高知女子大学の文化学部(旧文学部含む)、健康栄養学部(旧生活科学部及び旧家政学部含む)若しくは社会福祉学部を卒業した者及び入学前月にあたる3月までに卒業見込みの者で、当該現学部長が推薦するものとします。

 

イメージ図

進学イメージ図の画像