ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学院入試情報 > 大学院入試情報メニュー > 出願資格 > 出願資格/看護学研究科看護学専攻(博士後期課程)

出願資格/看護学研究科看護学専攻(博士後期課程)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

出願資格は、次の各号のいずれかに該当する者とします。

  1. 修士の学位又は専門職学位を有する者及び入学前月にあたる3月までに修士の学位又は専門職学位を取得見込みの者
  2. 外国において、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学前月にあたる3月までに修士の学位又は専門職学位を取得見込みの者
  3. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学前月にあたる3月までに修士の学位又は専門職学位を取得見込みの者
  4. 我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者及び入学前月にあたる3月までに当該課程を修了し、これらの学位を取得見込みの者
  5. 文部科学大臣の指定した者(平成元年文部省告示第118号)
    「大学を卒業し、又は外国において学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、大学院において、当該研究の成果などにより、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められたもの」
  6. 本大学院研究科において、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者で、入学前月にあたる3月31日において24歳に達しているもの

※上記5及び6の出願資格により出願する者は事前審査が必要です。本研究科が定める所定の手続きをとってください。
※外国人留学生の場合は、日本語能力試験N2レベルが望ましい。

イメージ図

進学イメージ図