ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 清原 泰治(研究者情報)

清原 泰治(研究者情報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月27日更新

清原 泰治  KIYOHARA Yasuharu

職位 教授
役職 地域教育研究センター長
所属 地域教育研究センター
リンク

jgrobal rmap

清原泰司先生
  地域教育研究センター長あいさつのページへ

研究者略歴

学位 体育学修士 (筑波大学、1987年)
学歴・職歴

【学歴】
1985年 高知大学 教育学部 特別教科教員養成課程 卒業
1987年 筑波大学大学院 修士課程 体育研究科 修了

【職歴】
1990年 高知学園短期大学 講師
2000年 高知女子大学 文化学部 講師
2008年 高知女子大学 文化学部 教授
2011年 高知県立大学 文化学部 教授
2012年 高知県立大学 地域教育研究センター 教授

専門分野 日本近代スポーツ史、地域スポーツ文化論、地域文化論
所属学会

日本体育学会
スポーツ史学会
日本スポーツ産業学会
四国体育・スポーツ学会

研究SEEDS

研究テーマ

・日本のスポーツ産業の発展史
・明治期における地域の自主的運動団体に関する研究
・1950〜1970年代の高知県における市町村民運動会の社会的機能に関する研究
・高知県の中山間地域の活性化と大学教育

研究概要

スポーツを歴史的に研究することをテーマとしている。とりわけ、地方へのスポーツの普及のプロセスを研究している。

相談可能な領域

高知県のスポーツ史に関することで、事実確認が必要なことがあれば、相談に応じることができる。また、「スポーツおける土佐の偉人」というようなテーマで番組制作を行う際などは、協力することができる。

キーワード

高知県スポーツ史

研究業績

主要研究論文

・清原 泰治:「1950~1960年代の高知県における市町村民運動会」、『高知県立大学紀要 文化学部編』、
​ 第61巻、pp. 1-10 (2012)

・清原 泰治:「戦後の地域スポーツの普及に関する研究―高知県吾川郡池川町の事例を中心に―」、
 『文化論叢』第11号、pp. 11-18 (2009)

主な著書

・新井 博他 編著:『スポーツの歴史と文化』(共著) (2019) 同和書院、東京

・中村 敏雄 他 編:『21世紀スポーツ大事典』(共著) (2015) 大修館書店、東京

・大熊 廣明 他 編:『体育・スポーツの近現代』(共著) (2011) 不昧堂出版、東京

科学研究費

・研究課題:1950~1970年代の高知県における市町村民運動会の社会的機能に関する研究  研究代表者
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2012-04-01-2015-03-31
 代表者 :清原 泰治  高知県立大学 公私立大学の部局等 教授
      研究成果報告書 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-24500749/24500749seika/  


・研究課題:伝統的な地域スポーツ・イベントの記録とまちづくりのための活用に関する調査研究 研究代表者
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2009-2011
 代表者 :清原 泰治  高知県立大学 公私立大学の部局等 教授
 分担者 :西村 秀樹  九州大学 健康科学センター 教授
      米谷 正造  川崎医療福祉大学 医療技術学部 教授
      五百蔵 高浩  高知県立大学 文化学部 教授

主な社会貢献

・県内各地での講演
・スポーツ指導者養成講習会の講師
・「高知市スポーツ推進審議会」副委員長
​・香美市まち・ひと・しごと創生有識者会議会長
・津野町まち・ひと・しごと創生有識者会議会長
​・高知放送番組審議会副委員長
​・公立大学協会公立大学の学生交流に関するワーキンググループ副主査