ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 佐東 美緒(研究者情報)

佐東 美緒(研究者情報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月2日更新

佐東 美緒  SATO Mio

職位 准教授
役職  
所属 看護学部 看護学科、大学院 看護学研究科(2012年~)
教員紹介 佐東 美緒 九州の病院で看護師、助産師として勤務しました。高知県での生活は15年になろうとしています。
活動紹介 こどもがすくすく育っていくことは嬉しいことです。そのために、看護教員としてできることを探し、それに真摯に向き合い、こどもやその家族を支える看護について考えています。
メッセージ 講義中の学生さんの瞳はきらきら輝いています。その輝きに支えられ、頑張っています。みなさんに、こどもたちのしなやかさや強さを少しでも伝えられればと思っています。一緒に子どもの看護について学びましょう。

研究者略歴

学位

修士(保健学)(広島大学大学院、2003年)

学歴・職歴

【学歴】
大学附属病院で助産師として勤務後、大学院へ進学

【職歴】
高知女子大学助手、講師を経て、2012年より現職

専門分野 小児看護学
所属学会

日本看護科学学会
日本小児看護学会
日本小児保健学会
日本家族看護学会
日本災害看護学会
高知女子大学看護学会
日本在宅ケア学会
日本看護シミュレーションラーニング学会

研究SEEDS

研究テーマ

・医療的ケアが必要な在宅療養中の子どもと家族の災害に備えた協働支援プログラムの開発
・高知県における精神障害をもつ女性の妊娠・出産・育児への看護支援モデルの開発
・看護実践能力を育成する遠隔教育システムの構築
・子どもの保健行動を促進するための支援の検討-とさっ子健診の結果を踏まえて-

研究概要

NICU入院中・退院後の子どもやその家族に関する研究を主に行っています。その他にも、看護実践能力を育成する遠隔教育システムの関する研究や、子どもの保健行動に関する研究を行っています。

相談可能な領域

・入院中の子どもの在宅移行
・NICUを退院する子どもと家族への看護

キーワード

新生児集中治療室、小児看護学、低出生体重児

研究業績

主な論文等

・畠山 典子、佐東 美緒、森本 典子、池添 志乃、池田 光徳:生活習慣病予防健診を受診した小中学生の保健行動に
 関する認識~健診直後と健診3か月後の生活に関するアンケート分析から~、
 第25回日本在宅ケア学会学術集会抄録、p 136, (2020)

・佐東 美緒、畠山 典子、森本 典子、池添 志乃、荒牧 礼子、井上 正隆、池田 光徳:生活習慣病予防健診に参加した
 子どもの健診データの年次比較-平成24年度と平成29年度の変化-、第25回日本在宅ケア学会学術集会抄録、
 p. 135, (2020)

・池添 志乃、高谷 恭子、山﨑 麗子、田之頭 恵里、佐東 美緒、有田 直子、森下 安子、中村 由美子、田村 恵美、
 中野 綾美:子どもの命に向き合う子どもと親のエンドオブライフへの看護援助~在宅での支援に焦点をあてて~、
 第25回日本在宅ケア学会学術集会抄録、p. 98 (2020)

・荒尾 七海、曽我 明日香、萩尾 咲菜、原内 あすか、藤森 眞琴、佐東 美緒:思春期の子どもの保健行動、
 日本小児看護学会第30回学術集会抄録、p. 179, (2020)

・佐東 美緒、高谷 恭子、田之頭 恵里、有田 直子、池添 志乃、中村 由美子、鍬田 晃子、笹山 睦美、田村 恵美、
 山﨑 麗子、三浦 由紀子、中野 綾美:NICUに入院した子どもとその親が最善の生を生きることを支える看護援助、
 日本小児看護学会第30回学術集会抄録、p. 188, (2020)

・永井 真寿美、佐東 美緒、藤代 知美、長戸 和子:医療者が捉える精神障害をもつ女性の妊娠・出産・育児体験の
 特性とニーズ、日本家族看護学会第27回学術集会抄録、p. 85, (2020)

・佐東 美緒、岡 ななみ、下元 春香、濱田 莉帆、福田 彩香、森田 真衣:学童期の子どもの食に関するセルフケア、
 第51回中国・四国学校保健学会抄録、pp. 38-39, (2019)

・佐東 美緒、岡崎 実沙、下地 由芙子、清家 詩桜里、原 ちなみ、山本 翔子:気管支喘息をもつ学童期の子どもが
 学校生活の中で取り組む症状マネジメント、第51回中国・四国学校保健学会抄録、pp. 42-43, (2019)

・岡村 祐志、高橋 朱里、中井 美里、大野 あゆみ、今出 優香、佐東 美緒:学童期の子どもにおける災害への備え
 -南海トラフ地震に焦点をあてて-、日本災害看護学会第21回年次大会抄録、p. 177, (2019)

・佐東 美緒、高谷 恭子、有田 直子、田之頭 恵里、益守 かづき、大川 宣容、井上 正隆、瓜生 浩子:特別支援学校に
 通学する子どもの家族の避難訓練に関する捉えと課題、日本家族看護学会第25回学術集会抄録、p. 180, (2018)

・佐東 美緒、高谷 恭子、田之頭 恵里、有田 直子、畦地 博子、池添 志乃、森下 安子、鍬田 晃子、中村 由美子、
 中野 綾美:NICUに入院しているわが子を看取る親の揺らぎ、日本家族看護学会第26回学術集会抄録、
 p. 82, (2019)

・佐東 美緒、永井 真寿美、藤代 知美、長戸 和子:妊娠・分娩・産褥・育児期の精神障害をもつ女性と家族への
 医療者の支援、第40回日本看護科学学会学術集会抄録、(2020)

・高谷 恭子、中野 綾美、星川 理恵、益守 かづき、佐東 美緒、有田 直子、田村 恵美、清水 称喜、関根 光枝、
 三浦 由紀子、首藤 ひとみ、池添 志乃、野嶋 佐由美:子どもの看取りの選択肢として臓器提供に直面する家族を
 支えるケアガイドラインの開発、高知女子大学看護学会誌、vol. 40, no.2、pp. 92-104, (2015)

・大川 宣容、瓜生 浩子、佐東 美緒、嶋岡 暢希、高谷 恭子、井上 正隆、坂元 綾、下元 理恵、三好 未映子、
 樋口 礼子、野島 真美:看護系大学教員のシミュレーション教育力の向上を目指した学習会のデザイン、
 高知女子大学看護学会誌、vol. 41,no.1、pp. 170-175, (2015)

科学研究費

・研究課題:命に向き合う子どもと親のエンド・オブ・ライフへの看護支援モデルの構築と活用
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2017-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :中野 綾美  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :野嶋 佐由美  高知県立大学 看護学部 教授
      森下 安子  高知県立大学 看護学部 教授
      益守 かづき  久留米大学 医学部 教授
      池添 志乃  高知県立大学 看護学部 教授
      佐東 美緒  高知県立大学 看護学部 准教授
      高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 准教授
      中村 由美子  文京学院大学 保健医療学部 教授
      有田 直子  高知県立大学 看護学部 講師
      畦地 博子  高知県立大学 看護学部 教授
      嶋岡 暢希  高知県立大学 看護学部 准教授
      岩崎 順子  高知県立大学 看護学部 助教
      田之頭 恵里  高知県立大学 看護学部 助教
      吉岡 理恵  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:医療的ケアが必要な在宅療養中の子どもと家族の災害に備えた協働支援プログラムの開発  研究代表者
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2017-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :佐東 美緒  高知県立大学 看護学部 准教授
 分担者 :高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 准教授
      有田 直子  高知県立大学 看護学部 講師
      田之頭 恵里  高知県立大学 看護学部 助教
      益守 かづき  久留米大学 医学部 教授
      井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師
      瓜生 浩子  高知県立大学 看護学部 教授
      大川 宣容  高知県立大学 看護学部 教授       

主な著書

・中野 綾美編集:ナーシング・グラフィカ 小児看護学(1)『小児の発達と看護』 第6版
 第2部「子どもの成長発達と看護」、pp. 75-97,  399‐401, (2019)、メディカ出版、

・中野 綾美編集:ナーシング・グラフィカ 小児看護学(2)『小児看護技術』 第4版
 第3章「食事の援助技術」、第9章「症状・生体機能の管理技術」、p. 53‐89, 191‐230, (2020)

・片田 範子編集:こどもセルフケア 看護理論、(2019)、医学書院、東京

主な社会貢献

・令和2年度 高知県医療的ケア児等支援者養成研修、高知県医療的ケア児等コーディネーター養成研修 講師
・令和2年度 子育て支援員(専門研修(地域保育コース)) 講師
・土佐市共同研究と健診の今後の在り方、健診の指導内容の検討
・高知新聞社 高知の子育て応援ウェブメディア「ココハレ」への記事掲載