ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 高谷 恭子(研究者情報)

高谷 恭子(研究者情報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月20日更新

高谷 恭子  TAKATANI Kyoko

職位 准教授
役職  
所属 看護学部 看護学科(2008年~)、大学院 看護学研究科(2016年~)
教員紹介 高谷 恭子 生まれも育ちも大阪の緑多き土地で大きくなりました。高校卒業後、高知女子大学に入学し、心穏やかに卒業しました。就職は地元の大阪に戻り、先天性心疾患の赤ちゃんと家族の看護にたずさわってきました。365日、こどもたちの笑顔に元気をもらったり、家族の方々との出会いを通して、専門的にこどもや家族の看護について学びたいと思ったのがきっかけで、高知女子大学に舞い戻ってきました。
活動紹介 こどもの無限大の力や存在の大きさ、また、こどもを育む親(家族)の強さや温かさなど、研究という手段を用いて、多くの学びをさせていただいています。病気とともに生きるこどもや家族のこと、また、“ひと”を看護することについて、考え悩みながら実践していく面白さや、素晴らしさを皆さんとともに学んでいきたいと思っています。
メッセージ 趣味は映画を観たり、運動をしたり、ピアノを弾いたり、音楽を聴くことに安寧を感じる毎日で、『ナガラ族』に磨きがかかっています。

研究者略歴

学位

博士(看護学)(高知女子大学、2008年)

学歴・職歴

【学歴】
1999年 高知女子大学 家政学部 看護学科 卒業
2005年 高知女子大学大学院 看護学研究科 修士課程 修了
2008年 高知女子大学大学院 健康生活科学研究科 博士後期課程 修了

【職歴】
​国立循環器病センタ―看護師
高知医療センター救急外来看護師(非常勤職員)
高知女子大学看護学部助教、講師を経て現職

専門分野 小児看護学
所属学会

日本看護科学学会
日本小児看護学会
日本小児保健学会
日本小児循環器学会
日本家族看護学会
日本学校保健学会
日本小児がん看護学会
日本災害看護学会
高知女子大学看護学会

研究SEEDS

研究テーマ

・小児看護、および、健康障がいのある子どもや家族に関する研究

研究概要

・小児看護、および、慢性状態を辿る思春期の子どもと親に関する研究

相談可能な領域

・健康障がいのある子どもの体験世界や看護ケア
・健康障がいのある子どもを育む家族の体験世界や看護ケア
・健康障がいのある子どもと親の体験世界や看護ケア

キーワード

小児看護、子ども、家族、軌跡

研究業績

主要研究論文

・高谷 恭子:腎移植を受けて生きる思春期の子どもの体験、日本小児腎不全学会雑誌、40、pp. 328-330 (2020)

・安岡 優、井上 仁美、上原 まりの、水島 愛菜、西村 美早姫、高谷 恭子:障がいのある子どもの主体性を高める
​ 親の取り組み、高知女子大学看護学会誌、46(1)、pp. 85-94 (2020)

・永井 友里、高谷 恭子、中野 綾美:学童期に新たな経管栄養法を必要とした重症心身障がい児を育む母親の
​ ベネフィット・ファインディング、高知女子大学看護学会誌、45(2)、pp. 69-77 (2020)

・高谷 恭子:腎移植を受けた思春期の子どもと親がともに生きる軌跡、高知女子大学看護学会誌、43(2)、
 pp. 49-61 (2018)

・高谷 恭子:健康障害とともに生きる子どもの発達段階を踏まえたストレスとコーピング、小児看護、41(7)、
​ pp. 812-818 (2018)

・高谷 恭子、中野 綾美、星川 理恵、益守 かづき、佐東 美緒、有田 直子、田村 恵美、清水 称喜、関根 光枝、
​ 三浦 由紀子、首藤 ひとみ、池添 志乃、野嶋 佐由美:子どもの看取りの選択肢として臓器提供に直面する家族を
​ 支えるケアガイドラインの開発、高知女子大学看護学会誌、40(2)、pp. 92-104 (2015)

・中野 綾美、高谷 恭子:子どもの看取りに直面した家族を支える看護、小児看護、38(6)、pp. 656-662 (2015)

・大川 宣容、瓜生 浩子、佐東 美緒、嶋岡 暢希、高谷 恭子、井上 正隆、坂元 綾、下元 理恵、三好 未映子、
​ 樋口 礼子、野島 真美:看護系大学教員のシミュレーション教育力の向上を目指した学習会のデザイン、
​ 高知女子大学看護学会誌、4(1)、pp. 170-175 (2015)

科学研究費

・研究課題:成人期に移行する先天性心疾患と共に生きる子どもと親の軌跡を説明できるモデルの構築 研究代表者
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2019-04-01 – 2023-03-31
 代表者 :高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 准教授
 分担者 :畦地 博子  高知県立大学 看護学部 教授
      中野 綾美  高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:命に向き合う子どもと親のエンド・オブ・ライフへの看護支援モデルの構築と活用
 研究種目:基盤研究(B)
 研究期間:2017-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :中野 綾美  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :野嶋 佐由美  高知県立大学 看護学部 教授
      森下 安子  高知県立大学 看護学部 教授
      益守 かづき  久留米大学 医学部 教授
      池添 志乃  高知県立大学 看護学部 教授
      佐東 美緒  高知県立大学 看護学部 准教授
      高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 講師
      吉岡 理枝  高知県立大学 看護学部 助教
      中村 由美子  文京学院大学 保健医療学部 教授
      有田 直子  高知県立大学 看護学部 講師
      畦地 博子  高知県立大学 看護学部 教授
      嶋岡 暢希  高知県立大学 看護学部 准教授
      田之頭 恵里  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:生体肝移植を受けた子どものレジリエンスを高める看護実践ガイドラインの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2017-04-01 – 2020-03-31
 代表者 :田之頭 恵里  高知県立大学 看護学部 助教
 分担者 :高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 講師
      中野 綾美  高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:発達障害のある子どもと家族の就学期の移行を支える看護ケアモデルの構築
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2017-04-01 – 2020-03-31
 代表者 :池添 志乃  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :中野 綾美  高知県立大学 看護学部 教授
      時長 美希  高知県立大学 看護学部 教授
      嶋岡 暢希  高知県立大学 看護学部 准教授
      高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 講師
      川本 美香  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:医療的ケアが必要な在宅療養中の子どもと家族の災害に備えた協働支援プログラムの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2017-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :佐東 美緒  高知県立大学 看護学部 准教授
 分担者 :高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 講師
      有田 直子  高知県立大学 看護学部 講師
      田之頭 恵里  高知県立大学 看護学部 助教
      益守 かづき  久留米大学 医学部 教授
      瓜生 浩子  高知県立大学 看護学部 教授
      大川 宣容  高知県立大学 看護学部 教授
      井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師

・研究課題:発達障がいをもつ思春期の子どもと親が辿る軌跡を説明できるモデルの構築  研究代表者
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2016-04-01 – 2019-03-31
 代表者 :高谷 恭子  高知県立大学 看護学部 講師
 分担者 :池添 志乃  高知県立大学 看護学部 教授
      中野 綾美  高知県立大学 看護学部 教授

主な著書

・中野 綾美 (編)、中野 綾美、田中 克枝、益守 かづき、上野 昌江、高谷 恭子、佐東 美緒、幸松 美智子、
 勝田 仁美、二宮 啓子、平林 優子、宗村 弥生、川島 美保、岡田 洋子、染谷 奈々子、鈴木 千衣、三宅 一代、
 品川 陽子、萩原 綾子、濱田 裕子、濱田 米紀、有田 直子、石浦 光世:小児の発達と看護、pp. 57-72、
 199-221、276-287、310-318 (2020)、メディカ出版、大阪

・中野 綾美 (編)、中野 綾美、石浦 光世、佐東 美緒、萩原 綾子、染谷 奈々子、濱田 米紀、有田 直子、
 幸松 美智子、高谷 恭子、加藤 依子、三浦 由紀子:小児看護技術、pp. 246-258 (2020)、メディカ出版、
 大阪

・中野 綾美、瓜生 浩子 (編)、高谷 恭子、中野 綾美、山口 桂子、瓜生 浩子、池添 志乃、田井 雅子、
 畠山 卓也、野嶋 佐由美、服部 淳子、長戸 和子、中平 洋子、加藤 智子、田村 恵美、永冨 美和子、関根 光枝、
 源田 美香、法村 良、大川 貴子:家族看護学 家族のエンパワーメントを支えるケア、pp. 11-16、
 46-49 (2020)、メディカ出版、大阪

・片田 範子 (編)、有田 直子、石浦 光世、及川 郁子、片田 範子、勝田 仁美、加藤 令子、川俣 あゆみ、
​ 栗林 佑季、鍬田 晃子、小室 佳文、近藤 美和子、笹山 睦美、佐東 美緒、高谷 恭子、田村 恵美、田村 佳士枝、
​ 手塚 園江、中野 綾美、西川 知恵子、橋倉 尚美、原 朱美、眞鍋 裕紀子、山﨑 麻朱:こどもセルフケア看護理論、
​ pp. 134-160 (2019)、医学書院、東京

主な受賞暦・特許など

・日本小児看護学会 2010年度研究奨励賞受賞
・第41回日本小児腎不全学会学術集会 看護部門における優秀演題賞

競争的資金など

・新型コロナウイルス禍における人々の健康と生活への影響(戦略的研究推進プロジェクト、渡邊聡子:分担者)

主な社会貢献

・日本小児看護学会 倫理委員会委員
・日本小児看護学会 査読委員
・高知女子大学看護学会 査読委員
・日本看護協会在宅看護 査読委員
・高知県看護協会 高知県小児救急電話相談事業運営委員会委員