ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 田中 雅美(研究者情報)

田中 雅美(研究者情報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月11日更新

田中 雅美  TANAKA Masami

職位 助教
役職  
所属 看護学部 看護学科
教員紹介 田中 雅美 大学卒業後、急性期病院で手術を受ける患者さんとご家族を対象に看護師として働き、大学院では集中治療や救命の必要な患者さんやご家族への看護について考え実践しました。そして、患者さんからの「ありがとう」が少ない中で、懸命に看護を展開する看護師さんたちの姿に感銘を受け、現場の看護師にとって大切なもの、役に立つことを考えたいと思い、教育・研究の場でチャレンジしています。
活動紹介 重篤な状態にある患者さんやご家族が、自ら人生の大きな出来事を乗り越え、回復していくことができるように支える看護師に必要なものは何かを考え研究に取り組んでいます。
メッセージ 「可能性は無限大」自分の可能性を信じて、いろいろなことにチャレンジしてください。

研究者略歴

学位 修士(看護学) (高知県立大学、2016年)
学歴・職歴

【学歴】
2016年 高知県立大学大学院 看護学研究科 博士前期課程 修了

【職歴】
2016年~ 高知県立大学 看護学部 助教

専門分野 急性期看護
所属学会

日本看護科学学会
日本クリティカルケア看護学会
高知女子大学看護学会

研究SEEDS

研究テーマ

・看護師のtransitionに関する研究

研究概要

ICUに配属となった新人看護師が成長していく様子の描出、成長する過程を分析する中で、成長を促進する要素を探し、新人看護師の成長への支援につなげることを目指している

相談可能な領域

急性期看護

キーワード

急性期看護

研究業績

主要研究論文等

・田中 雅美、大川 宣容:ICU新人看護師の成長支援におけるTransition Theory活用の検討、
 高知女子大学看護学会誌、45(1)、pp. 2-11 (2019)

科学研究費

・研究課題:術前の心理的準備性向上による術後認知機能障害を防ぐケアモデルの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020-04-01 – 2023-03-31
 代表者 :井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師
 分担者 :森本 紗磨美  高知県立大学 看護学部 助教 
      田中 雅美  高知県立大学 看護学部 助教 
      池田 光徳  高知県立大学 看護学部 教授
      敷田 幹文  高知工科大学 情報学群 教授
      渡邊 言也  高知工科大学 総合研究所 助教

・研究課題:消化器がん患者の周術期ヘルスリテラシー支援プログラムの開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2018-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :森本 紗磨美  高知県立大学 看護学部 助教
 分担者 :大川 宣容  高知県立大学 看護学部 教授 
      田中 雅美  高知県立大学 看護学部 助教
      井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師

・研究課題:トランジションを基盤としたICU新人看護師の看護実践能力向上支援プログラムの開発 研究代表者
 研究種目:若手研究(B)
 研究期間:2017-04-01 – 2023-03-31
 代表者 :田中 雅美  高知県立大学 看護学部 助教 

・研究課題:地方都市でのクリティカルケア看護熟達者の発展的相互学習システムの構築
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2017-04-01 – 2020-03-31
 代表者 :井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師
 分担者 :大川 宣容  高知県立大学 看護学部 教授
      吉岡 理枝  高知県立大学 看護学部 助教
      田中 雅美  高知県立大学 看護学部 助教
      森本 紗磨美  高知県立大学 看護学部 助教
      中井 美喜子  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:家族の体験を基盤としたクリティカルケアにおける悲嘆ケアガイドラインの開発
 研究種目:挑戦的萌芽研究
 研究期間:2016-04-01 – 2020-03-31
 代表者 :大川 宣容  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師
      田中 雅美  高知県立大学 看護学部 助教
      森本 紗磨美  高知県立大学 看護学部 助教
      西塔 依久美  東京医科大学 医学部 助教

主な社会貢献