ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高知県立大学宇和島支援プロジェクト > 活動情報 > 活動報告 > だんだんカフェ まちの保健室 第6回活動報告

だんだんカフェ まちの保健室 第6回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月8日更新

 平成30年12月8日(土)に第6回目となるだんだんカフェを、愛媛県宇和島市吉田公民館で開催しました。

 寒空の下にもかかわらず、はつらつとした笑顔とともに「楽しみにしてたのよ!」と、参加者の方々は会場に足を運んでくれ、合計19人の参加となりました。会場では、参加者の方々と、近頃の生活について、また健康の相談を中心としたコミュニケーションをとりながら、和気あいあいとした雰囲気の中で過ごすことができました。

 クリスマス目前ということで、参加者の方々とクリスマス会で使用する、折り紙の飾りを作りました。夢中で作業されている方や、お話をしながら作業する方等、それぞれが思い思いの時間を過ごしている印象を受けました。またその様子を見て、だんだんカフェが参加者の方々の「居場所」となってきていると感じました。

 今回の特別企画では、宇和島市保健師による『冬の健康管理』についての講話をいただきました。インフルエンザやノロウィルスなど冬に流行する感染症や、冬も脱水になる可能性があることなど、参加者の方々はこの季節ならではの健康管理に関する注意点を、関心を持って聞いているご様子でした。

 「次はいつだっけ?」「また来るよ」と、足を運んできた時と同じ、元気な笑顔を見せながら、参加者の方々はお帰りになりました。これからも、地域の方々の笑顔に寄り添える場となるよう、イベントや特別企画等を考えていきたいと思います。来年も元気で皆様とお会いできることを楽しみにしています。 

  報告者:岡野直人

だんだんカフェ第6回報告
だんだんカフェ第6回報告
だんだんカフェ第6回報告