ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学院看護学研究科共同災害看護学専攻(DNGL) > 活動情報 > 活動報告 > 【高知県立大学】 平成31年度 学生募集要項を公開しました。(2019年4月入学生の募集)

【高知県立大学】 平成31年度 学生募集要項を公開しました。(2019年4月入学生の募集)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月14日更新
平成31年度 学生募集要項を公開しました(2019年4月入学生の募集)

平成31年度 学生募集要項を公開しました。(2019年4月入学生の募集)

共同災害看護学専攻とは

共同災害看護学専攻は、高知県立大学・兵庫県立大学・千葉大学・東京医科歯科大学・日本赤十字看護大学の5つの大学による大学院共同教育課程であり、災害看護グローバルリーダー養成プログラム(Disaster Nursing Global Leader Degree Program : DNGL)による5年一貫の博士課程です。東日本大震災などの経験から、日本ならびに世界で求められている災害看護に関する課題に的確に対応・解決し、高度な実践能力かつ教育・研究能力を兼ね備えた学際的・国際的指導力を発揮して人々の健康社会構築と安全・安心・自立に寄与するグローパルリーダーを育成しようとするものです。これまで災害看護学を牽引してきた5つの大学が一丸となって1つのプログラムを共同で運営していくという新しい形の教育課程です。

1. 共同教育課程とは

高等教育機関間の連携協力による教育・研究・社会貢献機能の充実・強化を一層促進すること等を目的に、複数の国公私立大学が相互に教育研究資源を有効に活用し、共同で教育課程を編成しています。

2. 共同教育課程の主な特徴

(1)学位は、共同教育課程を構成する大学(以下「構成大学」という)の連名により、授与されます。
学位:博士(看護学) (学位記には「Disaster Nursing Global Leader」を付記する)
(2)学生は、各構成大学に在籍しますが、主指導教員(主として研究指導を担当する専任教員)が在籍する大学に本籍(学籍)を置くことになります。
(3)学生は、各構成大学の施設等を利用することができます。
(4)本籍を置く大学以外の構成大学の副指導教員からも、研究指導が受けられます。
(5)メディアを利用した遠隔授業により、構成大学で開講する講義を本籍を置く大学から受講することができます。

3. 入学者受入方針(アドミッションポリシー)

本共同災害看護学専攻は、災害看護グローバルリーダーの養成を目的としていることから、入学者受入の方針は以下に示すとおりとします。
(1)大学院修了後の災害看護グローバルリーダーとしてのビジョンを持っていること。
(2)大学院修了後の災害看護グローバルリーダーとしての活動にコミットメントでき、その能力を伸ばしていけること。

平成31年度学生募集要項は、以下となります。

平成31年度学生募集要項 日本語(PDFファイル)  (PDFファイル:3.64MB)

平成31年度学生募集要項 English(PDFファイル)  (PDFファイル:592KB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)