ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育 > 清水直樹准教授が2021年度・日本選挙学会賞を受賞しました

清水直樹准教授が2021年度・日本選挙学会賞を受賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月9日更新

 本学の清水 直樹 文化学部准教授が、高知工科大学の矢内勇生准教授、東洋大学の鷲田任邦准教授、東北大学の東島雅昌准教授との共同で2021年5月に日本選挙学会で報告した「民主制と独裁制の垣根を越えた選挙タイミングの包括的分析:Election Timing across Autocracy and Democracy」が、2021年度・日本選挙学会賞(優秀ポスター)を受賞しました。

 清水准教授は、2017年5月に報告した「政治的貨幣循環を用いた中央銀行の独立性の測定:日本の選挙と金融政策の分析」に続き、2回目の日本選挙学会賞(優秀ポスター)の受賞になります。

 詳しくは文化学部のウェブサイトをご覧ください。

 

賞状


ピックアップ


博士課程教育リーディングプログラム


先進的医療イノベーション人材養成事業
課題解決型高度医療人材養成プログラム事業