ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

当研究科の特色

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月1日更新

人間生活学研究科の特色

1. 社会人でも就労の継続が可能な講義形態です

 講義は、原則として土日祝日に集中して実施します。したがって、社会人の方でも在職したままで就学することが可能です。
また、電子メール等を利用した個別的指導によって、県外在住者でも研究指導を受けることが可能です。

2. 複数の指導教員による指導を受けることができます

 主研究指導教員1人、副研究指導教員2人が研究指導を担当します。副研究指導教員のうち1人は、原則として主領域以外の教員が担当します。研究指導は、主研究指導教員が行いますが、副研究指導教員が必要に応じて指導または助言を行います。主副研究指導教員間で研究指導に関する情報や研究情報の交換を行い、一貫した研究指導を行います。

3. 地域の発展に貢献できる実践的な地域課題での研究指導を行います

 生活・福祉・文化・環境に関わる諸課題は、いずれも 高知県地域にとって重要な課題となっています。
本研究科は、高知県内の諸施設・機関、研究機関とも 連携し、これらの重要課題にとりくむ実践的な研究テーマでの研究指導を行います。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)