ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究 > 小原 弘子(研究者情報)

小原 弘子(研究者情報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月20日更新

小原 弘子  KOHARA Hiroko

職位 講師
役職  
所属 看護学部 看護学科
教員紹介

小原 弘子

看護専門学校を卒業後、病院で11年、訪問看護ステーションで2年勤務しました。訪問看護師として利用者・ご家族とかかわる中で、看護をもう一度学び直さねばならない気持ちになり、大学、大学院と進学しました。大学までの?年間はずっと大阪だったのですが、大学院以降高知に住み、その居心地のよさからこれからも高知で住みたいと思っています。
活動紹介 日本看護シミュレーションラーニング学会 研修企画委員(2019年~)
土佐市地域ケア会議アドバイザー(2014年~)
高知県介護支援専門員更新研修/専門研修課程Ⅱ「家族への視点が必要な事例」研修講師(2014年~)
独立行政法人国立病院機構中国四国グループ内退院調整看護師育成研修会講師(2015年~2020年)
訪問看護師や在宅ケアスタッフ対象のフィジカルアセスメント研修(2015年~)
在宅BLS研修(高知県の在宅急変対応を考える会メンバー)(2018年~)
室戸健康大学「転倒予防に向けて知っておくこと、気をつけておくこと」講師(2021年4月18日)
メッセージ 高齢者の方々が安心して暮せるための看護について一緒に考えましょう。

研究者略歴

学位

博士 (看護学)(高知県立大学)

学歴・職歴

【学歴】
2008年 大阪府立看護大学 卒業
2010年 高知女子大学大学院 看護学研究科 修士課程 修了
2019年 高知県立大学大学院 看護学研究科 博士後期課程 修了

【職歴】
​1993年 労働福祉事業団 大阪労災病院
​2004年 社会医療法人大道会 訪問看護ステーションおおみち
​2010年 高知女子大学(現高知県立大学)看護学部 看護学科 助教
​2020年 高知県立大学 看護学部 講師

専門分野 高齢者看護
所属学会

日本看護科学学会
日本在宅ケア学会
高知女子大学看護学会
​日本災害看護学会
日本医療教授システム学会
日本看護シミュレーションラーニング学会
日本褥瘡学会

研究SEEDS

研究テーマ

高齢者看護

研究概要

 

相談可能な領域

・高齢者看護に関すること

キーワード

褥瘡予防、多職種連携、シミュレーション教育

研究業績

主要研究論文

・小原 (武島) 弘子、明神 拓也、木村 義孝、竹崎 久美子:日本における身体抑制に関する看護研究の動向:
 テキストマイニングを用いた論文表題の分析、高知県立大学紀要 看護学部編、70、pp. 53-62 (2021)

・岩目 崇史、小原 弘子、森澤 美季子、川口和也:高齢患者への服薬自己管理に向けた病棟看護師の関わり、
 日本看護学会論文集-慢性期看護、50、pp. 38-41 (2020)

・川上 理子、小原 弘子、森下 安子:A市における地域病院協働型退院支援システムの構築、
 高知女子大学看護学会誌、45(1)、pp. 56-64 (2019)

・森下 幸子、野村 陽子、森下 安子、川上 理子、小原 弘子、池田 光徳:中山間地域等の新任・
 新卒訪問看護師養成のための「訪問看護スタートアップ研修」の評価、68、pp. 25-40 (2019)

・小原 弘子:訪問介護員との協働に関する訪問看護師へのインタビュー調査、看護実践の科学、
 44(1)、pp. 41-47 (2019)

・小原 弘子、井上 加奈子、高橋 知里、森下 安子:訪問介護員との協働に向けた訪問看護師の行動、
 高知女子大学看護学会誌、43(2)、pp. 123-131 (2018)

・森下 安子、小原 弘子、井上 健朗、隅田 有公子、吉岡 理枝、池田 光徳:「地域ケア会議プロジェクト」
 3年間の活動と成果、高知県立大学紀要看護学部編、67、pp. 35-41 (2018)

・井上 健朗、隅田 有公子、吉岡 理枝、小原 弘子、森下 安子、池田 光徳:自治体「地域ケア会議」の
 質的評価指標の作成の試み、高知県立大学紀要社会福祉学部編、67、pp. 17-26 (2018)

・小原 弘子、池田 光徳、井上 正隆、森下 幸子:高知県内における褥瘡を保有する在宅療養者の実態調査、
 高知女子大学看護学会誌、42(2)、pp. 62-70 (2017)

・小原 弘子、大川 宣容、森下 幸子、井上 正隆、森下 安子:シミュレーション教育を取り入れた
 「在宅療養者への急変時の対応」研修の評価、高知県立大学紀要看護学部編、65、pp. 41-48 (2016)

・大川 宣容、瓜生 浩子、佐東 美緒、高谷 恭子、井上 正隆、小原 弘子、坂元 綾、下元 理恵、三好 美映子、
 樋口 礼子、嶋岡 暢希、野島 真美:看護系大学教員のシミュレーション教育力の向上を目指した
 学習会のデザイン、高知女子大学看護学会誌、41(1)、pp. 170-175 (2015)

・小原 弘子、森下 安子、森下 幸子:介護職との協働に向けた訪問看護師の行動に関する文献検討、
 高知県立大学紀要看護学部編、34、pp. 93-102 (2015)

科学研究費

・研究課題:障害文化と健常文化を超えて共創する支援のパターンランゲージ
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2020-04-01 – 2024-03-31
 代表者 :畦地 博子  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :池添 志乃  高知県立大学 看護学部 教授
      小原 弘子  高知県立大学 看護学部 講師
      田井 雅子  高知県立大学 看護学部 教授
      李 賢珠  高知県立大学 看護学部 特任講師
      中野 綾美  高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:地域の一般病院通院中の後期高齢がん患者への複合的な外来看護支援モデルの検証と評価
・研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2019-04-01 – 2022-03-31
 代表者 :森本 悦子  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :石橋 みゆき  千葉大学 大学院看護学研究科 准教授     
      小山 裕子  関東学院大学 看護学部 助教
      小原 弘子  高知県立大学 看護学部 講師
      宗澤 紀子  文京学院大学 保健医療技術学部 助教

・研究課題:難治性褥瘡への多職種在宅褥瘡ケアのマネジメントに向けたアセスメントツールの開発 研究代表者
 研究種目:若手研究
 研究期間:2019-04-01 – 2022-03-31
 代表者 :小原 弘子  高知県立大学 看護学部 講師

・研究課題:がん化学療法による手足症候群および爪囲爪炎の早期検出と新規外用剤による予防的介入
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2018-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :池田 光徳  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :小原 弘子  高知県立大学 看護学部 助教
      井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師
      坂元 綾  高知県立大学 看護学部 助教   

・研究課題:慢性心不全高齢者の再入院を予防するシームレスケアを創る退院支援ガイドラインの開発   
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2018-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :森下 安子  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :小原 弘子  高知県立大学 看護学部 助教
      高樽 由美  高知県立大学 看護学部 助教
      森下 幸子  高知県立大学 看護学部 准教授
      川上 理子  高知県立大学 看護学部 准教授
      竹中 英利子  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:独居高齢者のエンド・オブ・ライフ期の在宅療養を支える多職種協働プログラム開発
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2017-04-01 – 2021-03-31
 代表者 :川上 理子  高知県立大学 看護学部 准教授
 分担者 :森下 安子  高知県立大学 看護学部 教授
      小原 弘子  高知県立大学 看護学部 助教
      森下 幸子  高知県立大学 看護学部 准教授
      吉岡 理枝  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:フレイル予防に資する地域高齢者ヘルスリテラシー促進の様相:IPW支援プロジェクト
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2016-04-01 - 2019-03-31
 代表者 :善生 まり子  埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授
 分担者 :藤縄 理  福井医療大学 保健医療学部 教授
      久保田 亮  埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授
      菅野 康二   順天堂大学 医学部 准教授
      戸田 肇  北里大学 看護学部 教授
      菊本 東陽  埼玉県立大学 保健医療福祉学部 准教授
      中村 裕美  埼玉県立大学 保健医療福祉学部 教授
      森鍵 祐子  山形大学 医学部 准教授
      小原 弘子  高知県立大学 看護学部 助教

・研究課題:在宅褥瘡ケアにおける訪問看護師の判断とケアのガイドラインの開発 研究代表者
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2016-04-01-2019-03-31
 代表者 :小原 弘子  高知県立大学 看護学部 助教
 分担者 :池田 光徳  高知県立大学 看護学部 教授
      森下 安子  高知県立大学 看護学部 教授

・研究課題:在宅看護における褥瘡重症度予測スコアの開発と遠隔褥瘡ケア支援システムの構築
 研究種目:基盤研究(C)
 研究期間:2015-04-01 – 2018-03-31
 代表者 :池田 光徳  高知県立大学 看護学部 教授
 分担者 :井上 正隆  高知県立大学 看護学部 講師
      小原 弘子  高知県立大学 看護学部 助教

競争的資金など

2018年4月-2019年3月 公益信託高知新聞・高知放送 いのちの基金
 「在宅療養に関わる医療・介護職への急変対応スキル向上に向けた取り組み」

主な受賞暦・特許など

・第7回日本医療教授システム学会 ポスター部門 優秀演題(2015)
・第14回日本医療マネジメント学会学術総会 ポスター賞受賞(2012)

主な社会貢献

【学会活動に関すること】
・日本看護シミュレーションラーニング学会 研修企画委員(2019年~現在)
・第25回日本在宅ケア学会学術集会 企画委員(2019年度)
・高知女子大学看護学会査読委員(2012年~現在)
・日本災害看護学会 法人化プロジェクト 会計(2015年~2016年)
・第47回日本看護学会-在宅看護-学術集会抄録選考委員(2015年~2016年)

【地域活動に関すること】
・土佐市地域ケア会議アドバイザー(2014年~現在)
・土佐市地域包括ケア意見交換会アドバイザー(2012年~2019年)

【研修講師等】
・独立行政法人国立病院機構中国四国グループ内退院調整看護師育成研修会講師(2015年~現在)
・高知県中山間地域等訪問看護師育成講座訪問看護スタートアップ研修
 「フィジカルアセスメント」「急変時対応」講師(2015年~現在)
・高知県中山間地域等訪問看護師育成講座訪問看護スタートアップ研修における
​ 「新卒者フィジカルアセスメントフォローアップ研修」講師(2017年~現在)
・高知県中山間地域等訪問看護師育成講座訪問看護スタートアップ研修
​ 「修了生フィジカルアセスメントフォローアップ研修」講師(2018年~現在)
・高知県立大学健康長寿センター公開講座「復職間もない看護職者の方々への基本から学ぶ
​ フィジカルアセスメント」研修講師(2019年)
・医療法人仁生会在宅部訪問看護師対象「フィジカルアセスメント研修」講師(2019年)
・高知県訪問看護連絡協議会訪問看護師対象「フィジカルアセスメント研修」講師
​ (幡多ブロック・西ブロック・中央ブロック・中央東ブロックにてそれぞれ開催)(2017年~2019年)
・高知県立大学健康長寿センター「健康長寿センター春の公開講座、保健師対象の採血研修」講師
 (2015年~2017年)
・「土佐市民病院卒後3年目研修」研究指導(2018年)

【多職種対象の研修】
・高知県介護支援専門員更新研修/専門研修課程Ⅱ講師(2016年~現在)
・令和2年高知市介護支援専門員連絡協議会研修「家族介護者の理解に関するケアマネジメント研修会」
 講師(2020年)
・令和元年度高知市ケアマネジメント研修「家族介護者の理解に関するケアマネジメント研修会」講師
 (2019年)
・第12回日本褥瘡学会高知県在宅褥瘡セミナー「在宅における褥瘡管理の推進と在宅褥瘡発生
​ リスクアセスメント」講師(2019年)
・医療法人仁生会在宅部介護職対象「フィジカルアセスメント研修」講師(2019年)
・高知県薬剤師会所属訪問薬剤師対象「フィジカルアセスメント研修」講師(2019年)
・高知県若手在宅コ・メディカルの会「フィジカルアセスメント研修」講師(2019年)
・中芸広域連合「地域ケア会議」研修講師(2019年)
・高知県立大学職業実践力育成プログラム・履修証明プログラム「高齢者のフィジカルアセスメント」講師
​ (2017、2019年)
・高知県介護支援専門員更新研修/専門研修課程Ⅰ講師(2016年~2019年)
・上流域(仁淀川町・越智町・佐川町)研修会「在宅移行支援における病院と地域の
 スタッフ間連携」講師(2015年~2019年)
・高知県介護職員等によるたんの吸引等の実施のための研修(特定の者)講師(2011年~2019年)

【高校生への出前授業講師】
・高知県立山田高等学校(2年生)「看護を学ぶということ/看護の仕事」講師(2020年)