ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高知県中山間地域等訪問看護師育成講座 > 訪問看護スタートアップ研修概要 > 研修の様子 > 令和3年度「訪問看護スタートアップ研修」後期全域枠修了式の報告

令和3年度「訪問看護スタートアップ研修」後期全域枠修了式の報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月11日更新

 令和3年度「訪問看護スタートアップ研修」後期全域枠修了式の報告

  令和3年12月23日(木)11時30分~12時、「令和3年訪問看護スタートアップ研修後期全域枠修了式」が対面・オンライン併用で執り行われ、全域枠8名(訪問看護ステーション3名、医療機関5名)が修了となりました。

 修了式では、池田光徳健康長寿センター長から、「コロナ感染拡大のなか、ハイフレックス型研修となりましたがみなさんの満足度は高く、実践では学習効果を実感して下さったことと思います。みなさんは県立大学の修了生です。今後はこの大学を母校と考えて仲間と連携を築き、フォローアップ研修にもご参加下さい。」と励ましの言葉とともに一人ひとりに修了証が手渡されました。

 また、高知県健康政策部在宅療養推進課長 都築一元様より、「質の高い研修を受講されこれからも自己研鑽を積まれご活躍ください。受講にあたり職場の管理者、関係者の皆様にお礼を申しあげます。」とお言葉をいただきました。

 修了者からは、訪問看護を理解し、「今後は継続看護を大事にしていきたい」「外来看護のなかで活かしていきたい」「入退院支援の視点が拡がり自信につながった」「まず対象を知ることから始めたい」「訪問看護に関する知識、技術など新たな学びが多く、実践に活かしたい」「仲間と経験を共有することができ学びが深まった」や職場や関係者への感謝の声が聞かれました。令和3年度後期はコロナ感染の拡大の影響を受け、対面とオンライン、オンデマンドを併用で研修を進めました。臨床経験の豊かな受講者の方々ばかりでしたが個々の課題に向き合い、新たな目標や志を持って修了されました。本当にお疲れ様でした。

 講座に送り出して下さいました所属の訪問看護ステーションや医療機関の皆様に心より感謝申し上げます。

 

 

           1

                       修了式集合写真