ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > メニュー > センター概要 > 健康長寿センター設置の目的

健康長寿センター設置の目的

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月26日更新

ごあいさつ

ikeda 高知県立大学では、平成22年4月より、健康科学を探究する看護学部、社会福祉学 部および健康栄養学部の3学部が池キャンパスに結集しました。これを機に「県民の健康長寿を促進すること」を大目的に掲げて、「健康長寿センター」が始動しました。本センターの設立は、山根洋右前学長のご発案によるものです。専任の教職員はいませんが、看護学部、社会福祉学部、健康栄養学部、さらに文化学部より1~2名の健康長寿センター運営委員が活動に参画しています。センター長は、池田光徳がその任にあたっています。

 平成22年11月には、本学と高知医療センターとの間で包括連携に関する協定が結 ばれました。同じく池地区にあります高知医療センターとの協働は、本センターの活動に不可欠です。
本センターがその目的を達成するためには、地域の医療専門職者の知識と技術の向上を助けること、公開講座などを通じて県民の皆様へ啓発活動を行うこと、さらに健康・長寿を進めるためのエビデンスを蓄積しながら研究することが大切だと考えています。

 高知県民、医療関係者ならびに医療保健行政の方々には、高知県立大学健康長寿センターは高知県を日本一の健康長寿県にするための実働部隊として活動しているのだというご理解を賜り、本センターへの御支援と御鞭撻をお願い申し上げます。

高知県立大学健康長寿センター
センター長 池田光徳

健康長寿センター設置の目的  

  高知県立大学の関連学部が連携して、地域の人々の健康長寿の推進および健康長寿社会の構築に貢献する専門職者の知識や技術の向上に努めること。

 健康長寿センターが行うことがら(高知県立大学健康長寿センター設置規程より)

  1. 健康長寿の情報発信に関すること
  2. 健康長寿に関する専門職者の教育・研修に関すること
  3. 高知医療センター等、健康長寿に関連する機関との連携に関すること
  4. 健康長寿の地域づくりを目指す市町村との連携に関すること
  5. 健康長寿社会を推進する調査・研究に関すること
  6. 健康長寿に関しての国際交流の活動に関すること
  7. その他学長が必要と認めた事項に関すること

  健康長寿センターが行うことがらの画像

健康長寿センターのメンバー

 センター長、関連学部から選出された教員、総務企画部健康長寿センター担当職員ほかが構成メンバーです。構成メンバーが月に1回集まって討議して活動内容を決めています。