ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > 入退院支援事業について > 入退院支援事業 トピックス > 平成29年度退院支援事業 第3回 多職種協働研修開催

平成29年度退院支援事業 第3回 多職種協働研修開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月9日更新

 10月6日に大井田病院、27日に田野病院にて第3回多職種協働研修が開催されました。講師は高知県立大学社会福祉学部 井上健朗講師で、「退院支援とコミュニケーション」と題し講義と演習が行われました。

  1)問題探索のコミュニケーションの演習では、おいしいカレーを作りたい対象者に対して、カレー支援員がカレー作り支援を行う。  2)チームアプローチとコミュニケーションの演習では、ある事例の人間関係を家族造形法(人間造形法)を用いて可視化し、コミュニケーションパターンを俯瞰するなど、心と体を使う研修となりました。

 研修後のアンケートでは「コミュニケーションの枠組みを見直すだけでチームの方向性が変わることに気づかされました。チームを俯瞰してその都度支援方法を修正出来るよう努めたい」「現場から他職種とのコミュニケーションが難しいとの声がある。コミュニケーションの在り方を客観的に見る上で、家族造形法は非常に有用だと感じた、現場でもやってみたいと思った」「病院と地域のコミュニケーションを考えた時、意見を押し付けあうのではなく、まずは患者様と家族の意思を優先して考える事を当たり前にできているか見直すことが出来た」など、研修での学びが、現状のコミュニケーションの内省と今後の変化に繋がったという意見が多かったです。

【大井田病院】

大井田病院

井上健朗先生の講義

大井田病院

演習:人間造形法

大井田病院

グループワーク:コミュニケーション

田野病院

人間造形法の演習風景①

田野病院

人間造形法の演習風景②

【田野病院】

田野病院

集合写真