ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > トピックス > トピックス一覧 > 第8回慢性疾患料理教室 開催報告

第8回慢性疾患料理教室 開催報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月4日更新

第8回慢性疾患料理教室 開催報告

 高知医療センター・高知県立大学包括的連携健康栄養連携部会では、これまで糖尿病など「生活習慣病」をテーマに取り上げた料理教室を毎年実施し、今回で8回目の開催となりました。今年度は令和元年12月7日に、本学の池キャンパスにて、慢性腎臓病(CKD)患者さんとそのご家族を対象に、料理教室を開催しました。
 講義と実習をとおし腎臓病の知識と、家庭で手軽にできる料理を楽しく学んでいます。今年度は、昨年改定した「慢性腎臓病(CKD)患者さんのための食事療法手引き」のレシピ集を用い、冬の献立である昼食と夕食を各班に分かれて調理、試食しました。
 料理教室当日は11名の方が参加し、全員で協力して作った料理はどれもおいしく、「量も十分だった」「さらにアレンジを知りたい」などと好評でした。スタッフとして参加した健康栄養学部の学生からも、「参加者の方の知識が豊富」「制限食のイメージが変わった」等の感想が聞かれました。今後も慢性疾患料理教室を継続して開催し、次回は温かい春や夏の献立を実施したいと考えています。


昼食:ごはん、揚げ鶏のみぞれ煮、小松菜あえ物、キャベツのカレーマヨ炒め

夕食:ごはん、たらとほうれん草のグラタン、金平蓮根、かぶのなます

朝食(サンプルとして提示):ごはん、ブロッコリーのおかか和え、白菜と油揚げの味噌汁

間食(サンプルとして提示)大学いも



■高知新聞(2019年12月13日朝刊)にも掲載されました
1
高知新聞(2019年12月19日(金曜日))朝刊掲載 (PDFファイル:365KB)

 

1

昼食献立

1

夕食献立

1

朝食献立(参考)

1

間食(参考)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)