ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康長寿センター > トピックス > トピックス一覧 > 令和元年度「入退院支援事業報告会」 開催案内

令和元年度「入退院支援事業報告会」 開催案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月28日更新

令和元年度「入退院支援事業報告会」 開催案内

 本学では、入院時から退院後の生活を見据えた支援を目指し、高知県、関係機関と連携して「地域・病院・多職種協働型の退院支援の仕組み作りガイドライン」を基盤とした「入退院支援事業」を実施しております。

 令和元年度は「急性期~回復期~在宅へとシームレスな地域・病院 ・多職種協働型入退院支援体制の構築」を目指し、高知市及び幡多福祉保健所管内で、入退院支援の仕組みづくりの支援を行いました。また、入退院支援・入退院調整を担い、かつ地域のコーディネーターとなる人材を育成するための各種研修を実施し、多くの保健・医療・福祉関係者の方々にご参加いただきました。

 この度は、事業参加病院や地域等より、令和元年度の取り組みの成果や今後の展望等を報告し、今後の高知県での入退院支援につなげていただくために「入退院支援事業報告会」を下記のとおり開催いたします。保健・医療・福祉関係者、入退院支援事業に携わる方など、多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

************************************************

日   時 : 令和2年3月10日(火曜日) 13時30分(開場13時)~16時30分

場   所 : 高知県立大学 池キャンパス 共用棟2階大講義室 (高知市池2751番地)

対   象 : 高知県内の保健・医療・福祉関係者・入退院支援に関わる方など

内   容 : 「入退院支援事業の概要説明」
        事業責任者 高知県立大学 看護学部 教授 森下安子

       「入退院支援の仕組みづくりにおける取組み報告」
        リハビリテーション病院すこやかな杜、幡多けんみん病院、各福祉保健所

       「トークセッション」
        ~事業の振り返りと入退院支援推進のための今後の展望について~
         入退院支援事業についてのご質問やご意見など、忌憚のないご発言をお待ちしております

定   員 : 200名(先着順)

参 加 費 : 無料

申込方法    : 出席を希望される場合は、2月28日(金曜日)までに
          別添申込票に必要事項をご記入の上、Faxまたは郵送にてお送りください。


1
令和元年度 入退院支援事業報告会 チラシ (PDFファイル:829KB)

 

 

● 申込書はこちらから↓
令和元年度 入退院支援事業報告会 申込票 (PDFファイル:831KB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)